日刊サイゾー トップ > 芸能  > 酒井若菜も! 芸能人の「太り」事情

酒井若菜、役作りのために“8キロ増”のプロ根性! 芸能人「太り」事情とは?

酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」より

 女優の酒井若菜が役作りのため、体重を増やし話題となっている。彼女のオフィシャルブログ「ネオン堂」では、9月8日のエントリで「ぷくぷくと太りまして人生でマックスの数字を叩き出しました」と報告。8キロほど太ったため、次の作品の衣装合わせにも苦労するほどだという。

 芸能人が役作りのために痩せる話はよく聞くが、一方で“太る”場合もある。ほかにはどんな例があるだろうか。

「俳優の松山ケンイチは映画『聖の青春』で、29歳で亡くなった伝説の棋士・村山聖を演じるにあたり、体重を20キロ増やしています。松山は映画化の話を知り、自ら主役を名乗り出て体重を増やしたそうです。もちろん、風貌も体形も変わってしまいますから、ほかの仕事にも影響が出ます。映画の舞台挨拶時には見た目が戻っていましたから、次の仕事へ向けてハードな減量を行ったのではないでしょうか」(芸能ライター)

 松山の場合は役作りへのストイックさといえるが、一方で、あのデブタレントも体重を増減させている。

「伊集院光ですね。1990年代にラジオ番組『深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)において、同局の周波数に合わせた95.4キロまで体重を落とすダイエット企画に挑みます。半年間でおよそ50キロを落とす企画でした。食事をほとんど取らず、運動量を増やすハードなものです。この企画はラジオ番組で密かに行われ、伊集院は何も言わずにテレビで“激ヤセ”姿を披露したため、重病説も出たほどでした。さらに、伊集院を役者として起用し、目をかけていた映画監督の伊丹十三からクレームの電話も受けてしまいます。監督の遺作となった『マルタイの女』の脚本に書かれていた設定が“著しく太ったデブ”であったため、映画の製作にあたり伊集院は『伊丹監督をデブ待ちさせた男』として話題となりました」(同)

 体重の調整ひとつとっても、さまざまなドラマが存在するのだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/09/16 21:00
こんな記事も読まれています

酒井若菜、役作りのために“8キロ増”のプロ根性! 芸能人「太り」事情とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真