日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室に2人のジャニーズとの黒歴史

安室奈美恵に付きまとう“2人のジャニーズ”山下智久&山口達也との「黒歴史」

左:山下智久、右:元TOKIO・山口達也

 平成の歌姫とジャニーズの“黒歴史”、ひとつは円満に解決し、もうひとつは“なかったこと”として永久に封印されてしまいそうだ。

 9月15日、安室奈美恵が音楽イベント『WE ● NAMIE HANABI SHOW 前夜祭 ~I ● OKINAWA/I ● MUSIC~』(●=ハートマーク)に出演し、ラストライブを行った。そこにサプライズで登場したのが、山下智久だった。

「山下は安室のベストコラボレーションアルバム『Checkmate!』に収録された楽曲『UNUSUAL』で共演。山下といえば同曲のMVの撮影時、安室のダンスについていけずにNGを連発したにもかかわらず、『俺、安室さんに合わせますよ』と上から目線だったことに安室が激怒し、共演NGになったとささやかれていました。最後に不仲説が払拭され、ファンも安堵したようです」(芸能記者)

 一方、“歌姫”の称号をほしいままにしていた安室にとって“最大の黒歴史”と目されているのが女優活動だ。1996年に公開された映画『That’sカンニング! 史上最大の作戦?』では、あの“元ジャニーズ”と恋仲を演じている。

「同作は、悪徳大学教授を相手に、さまざまな方法でカンニングしていく青春ラブコメディで、今年、未成年女性への強制わいせつ事件でジャニーズ事務所を退所した元TOKIO・山口達也が主演、安室は山口に心を寄せる女子大生役を演じています。八頭身のスタイルはスクリーン映えするのですが、いかんせんセリフは棒読み。悪徳教授から食事に誘われたことを心配する山口に、『へっちゃらだよ』と違和感ありまくりのセリフで返しています。安室の中では思い出したくないというより、すでに記憶から消去されている仕事でしょう。DVD化はされていますが、山口の事件を受けて、“完全封印”となりそうです」(芸能ライター)

 ほかにも歌手以外の活動では、『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)で、鈴木蘭々と共に着ぐるみで活動していたこともあった彼女。歴史的なフィナーレの裏には、こうした下積み時代もあったのだ。

最終更新:2018/09/20 12:14
こんな記事も読まれています

安室奈美恵に付きまとう“2人のジャニーズ”山下智久&山口達也との「黒歴史」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真