日刊サイゾー トップ > 芸能  > 綾瀬はるか、安室に完勝で黒歴史払拭

綾瀬はるか“視聴率女王”の座、再び!『義母と娘のブルース』が安室引退特番に完勝で黒歴史払拭

綾瀬はるか

“視聴率女王”が完全復活を遂げた! 綾瀬はるかが主演した連続ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の最終回が18日に放送され、今期の民放連ドラで最高となる19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマークして有終の美を飾った。

 裏の日本テレビでは、16日に引退した歌手・安室奈美恵の特番『これで見納め!安室奈美恵引退スペシャル!!~最後の1年と最後の1日に独占密着~』がオンエアされたが、15.0%止まりで、『ぎぼむす』の圧勝に終わった。

 全話平均は14.2%を記録し、今期の民放連ドラの中で断トツのトップ。綾瀬は前回の主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)も平均12.7%で高視聴率を獲得しており、2作連続で主演作がヒットしたことで、“視聴率女王”として、完全復活したといえそうだ。

「終盤で、亜希子と章の恋愛要素が若干入りましたが、基本的には血のつながっていない母娘の10年間のストーリーで、多くの感動を呼んだ作品でした。視聴者からは早くも続編を希望する声が多数上がっています。続編が実現すれば、15%超えは確実でしょうから、TBSも、その線で動くでしょうし、映画化の可能性も十分ありそうです」(テレビ誌関係者)

 かつての綾瀬は主演、ヒロインで出演した連ドラで、高視聴率を連発し、“視聴率女王”の名をほしいままにしてきた。ところが、16年1月期の『わたしを離さないで』(TBS系)が平均6.8%と大爆死。同3月から今年1月まで、3部作で放送された『放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」』(NHK総合)も大コケして、その座も揺らいでいたが、『取り扱い注意』『ぎぼむす』と2作連続で主演ドラマがヒットし、改めて“数字を持っている女優”であることを示した。

『ぎぼむす』の脚本は、まさに“黒歴史”といえた『わたしを離さないで』と同じ森下佳子氏が担当したが、今回の大ヒットで、その悪夢も払拭したといってよさそう。

 さしあたって、綾瀬は来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で、主人公のマラソン選手・金栗四三(中村勘九郎)の妻・スヤ役を演じるため、当面は民放連ドラへの出演はなさそう。次なる主演作は、どの局が射止めるのか、注目が集まる。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/20 17:00

綾瀬はるか“視聴率女王”の座、再び!『義母と娘のブルース』が安室引退特番に完勝で黒歴史払拭のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

NHKドラマ抜擢の小川未祐

 3月27日夜10時~放送されるNHKの創作テレビドラマ大賞『ゴールド!』に出演する...
写真