日刊サイゾー トップ > 芸能  > V6岡田に「滝沢に続き裏方へ?」の声

岡田准一、巨匠・木村大作から英才教育を受け「滝沢秀明に続いて裏方業へ?」と臆測する声

V6・岡田准一

 19日、映画『散り椿』のシニア夫婦向け試写会が行われ、主演を務めたV6・岡田准一、共演の西島秀俊、木村大作監督が登壇。あるシーンで岡田が撮影を担当した秘話が語られ、話題を呼んだ。

 葉室麟による同名の小説を映像化した同作品は、先月23日から今月3日までカナダで開催された第42回モントリオール世界映画祭において、最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞。その中で岡田は、かつて名の知られた剣豪、現在は浪人然とした男を演じた。

「同映画には、木村監督自身も平蔵という役名で出演しているのですが、平蔵が雨の中で惨殺されるシーンで、『俺の死ぬところを撮れ』と岡田は命じられたとのことです。木村監督といえば、撮影助手時代には黒澤明監督からその腕を絶賛されるなど、日本映画界の生きる伝説として知られています。そんな巨匠から直々に英才教育を受けたとあって、今後は演出面での活躍にも注目が集まりそうですね」(芸能関係者)

 鍛え上げた肉体とジャニーズ屈指の演技力を武器に俳優として大活躍する岡田だが、今月13日に引退を発表した滝沢秀明もまた、第一線で活躍する身でありながら裏方へ回る決断をしたため、「岡田もいずれ滝沢に続くのでは?」と臆測する声も流れている。

「滝沢と岡田は1歳違いで、事務所に入所した時期は数カ月しか変わらず、寮で生活を送っていた時にはずいぶんと親しくしていたようです。そんな関係性もあって、今回の電撃的な引退発表は、少なからず岡田に影響を与えているのではないでしょうか。滝沢は今後、後輩の育成やプロデュースなど裏方業に専念するとのことですが、演出に関しては2010年から始まった主演舞台『滝沢歌舞伎』で本格的に携わるようになって以降、着実に腕を磨いてきた経緯があります。いずれ衰えがくるアクションをウリにしている点も考慮し、岡田も徐々に裏方業へシフトしていくのではないか、との声は少なくありません」(同)

 岡田は格闘技と歴史、滝沢はプロレスと火山探検にドはまりするなど、凝り性な点も似ている2人。16年のSMAP解散から慌ただしくなり始めたジャニーズ事務所を、いずれ背負って立つことになるのかもしれない。

最終更新:2018/09/21 12:00
こんな記事も読まれています

岡田准一、巨匠・木村大作から英才教育を受け「滝沢秀明に続いて裏方業へ?」と臆測する声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真