日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 日村の淫行報道は「文春砲」が影響?

「FRIDAY」バナナマン・日村勇紀“16年前の淫行報道”に違和感……「強すぎる文春砲」が影響か?

バナナマン・日村勇紀

 9月21日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が掲載した、バナナマン日村勇紀の淫行騒動。愛知県に住む32歳の女性が、16歳だった頃に日村と性的関係を結んでいたことを告発。同誌には2ショット写真も掲載された。

 これが現在進行形の話であれば大問題であり、それこそ刑事事件となる可能性もあっただろうが、話は16年も前のこと。愛知県では当時すでに淫行条例は施行されていたものの、公訴時効は3年であり、罪を問うことはできない。さらに、女性は21歳の大学生であると偽って日村にファンレターを送っており、日村に対して同情的な声も少なくない。

「とはいえ、日村は相手が16歳であるとわかった上で関係をもっていたので、問題がないということではありません。ただ、あくまでも16年前の話であって、業界的に日村に対して何らかのペナルティーが与えられる可能性は低いと思います」(芸能事務所関係者)

 いろいろなケースがあるため一概には言えないが、最近の流れでは、いわゆる“淫行”は「一発アウト」になりかねない事件として認識されている。しかし、15年から20年くらい前までは、タレントが未成年者と不適切な関係を結ぶことは決して珍しくなかったともいわれている。

「特に芸人なんかは主なファン層が女子中高生で、中には芸人とつながろうと連絡先を渡してきて、自ら“カキタレ”になる子も。もろもろ合意の上で遊んでいると考える芸人も多いだろうし、淫行に対する意識は、確かに低かったでしょう。ただ、2006年に極楽とんぼ・山本圭壱の事件があった頃から、未成年者はヤバイといった認識が広まるようになって、最近では未成年者のカキタレもほとんどいないのでは」(お笑い業界関係者)

 それにしても、16年前の話がいまさら写真週刊誌に載るとは日村も想像していなかっただろう。出版関係者は「あくまでも一般論」としてこう分析している。

「今回のケースがどういう経緯なのかはわかりませんが、過去に芸能人と関係を持っていた女性からのリークというものはそれなりにあります。ただ、あまりに古い情報である場合は、基本的にスルーとなることが多い。過去の恋愛の話をほじくったところで、ニュースとしての価値はあまりないですからね。とはいえ、今回は“淫行”という要素が入っていたがために、『FRIDAY』としても“価値あり”との判断だったのではないでしょうか。ただ、同誌としても、もっと強いネタがあればスルーだったと思います。いまは『週刊文春』(文藝春秋)の“文春砲”パワーがあまりに強すぎて、『FRIDAY』もなかなか存在感を発揮できていない状況があり、そうなると多少微妙なネタでも載せるしかなくなる。『FRIDAY』の苦しい状況を想像してしまいます」

 今回のケースが記事になるのなら、まだまだ過去の淫行疑惑が掘り返される可能性もゼロではないだろう。今頃必死になって過去に関係を持った女性にフォローを入れる芸人も多いかも?

最終更新:2018/09/26 08:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真