日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > ラブドール置屋が開店9日で摘発
細マッチョの男性ドールまで!

不完全な洗浄で使い回し⁉ イタリア初のラブドール置屋が開店9日で摘発

ラブドールは全部で8体あり、そのうちの1体は男だという(「Lumidolls Torino」のホームページより)

 イタリアの地方都市・トリノで、同国初のラブドール置屋が9月3日にオープンしたものの、開店9日で閉鎖の憂き目に遭ったと、タブロイド紙「デイリー・メール」が伝えた。

 このラブドール置屋は、スペインのバルセロナに本拠を置くLumidollsのトリノ支店。バルセロナの本店はデリヘル形式となっており、昨年3月にオープンした際に当サイトでも紹介した(参考記事)。

 イタリアでは売春行為そのものは違法ではないものの、売春の斡旋や置屋の経営などは非合法となっている。とはいえラブドールを使った置屋の経営は、人間が売春するわけではないので、法律的にはOKのようである。

 トリノのラブドール置屋にはシャワーとベッド、それにAVが観られるテレビのついた部屋があり、料金は30分当たり80ユーロ(約1万円)、昼間のみの営業で、男性オンリーのパーティやグループでの利用も可能。マネジャーの話によると、オープン時点ですでに予約がいっぱいになっていたという。

 シリコン製のラブドールのお値段は1体当たり最高2,000ユーロ(約26万5,000円)で、使用後は2時間かけて洗浄するということだった。

 ところが、このラブドール置屋の経営に警察が待ったをかけた。許可なく部屋を貸し出していたことが法律違反だという理由だった。さらに、地元の保健所も調査を開始。使用後のラブドールを完全に洗浄していないのではないかという疑いが持たれたからだった。

 これにより、イタリア初のラブドール置屋はオープン9日目にして閉鎖となり、今のところ再開の目処は立っていない。

 トリノといえば、サッカーの人気チーム、ユベントスの本拠地がある都市。今シーズンはあのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドがスペインから移籍してきたことで地元は盛り上がっているが、同じくスペインから来たラブドール置屋のほうは、あまり歓迎されなかったようである。

最終更新:2018/09/27 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

不完全な洗浄で使い回し⁉ イタリア初のラブドール置屋が開店9日で摘発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真