日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,生姿公開も、好感度上がらず

Koki,初イベント登場でリアルな姿を公開も、好感度は上がらず……「両親の悪いところ満載」「口元が残念」

Koki,公式Instagramより

 木村拓哉と工藤静香の次女Koki,が9月27日、都内で行われたイベント『「CHANEL MATSURI」プレビュー&シャネル ビューティー アンバサダー』に登場した。

 ブルガリのアンバサダーに続き、シャネルのビューティーアンバサダーに就任したKoki,。その発表の場となった今回のイベントでは、「まさか、自分がアンバサダーをさせていたけるなんて夢にも思わなかった。うれしいです!」と心境を告白。続けて、シャネルに持つ印象や自身が初めてシャネルのコスメを使ったときのエピソードなどを披露し、さらに今後について「ひとつひとつの経験を宝物にして、モデルのお仕事を頑張っていきたい」と抱負を語った。

 今年5月にファッション誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)にて、新人ながら表紙を飾り話題となったKoki,。これまで、雑誌のモデルのほか公式Instagramで活動していたものの、公の場で姿を見せるのは今回のイベントが初。それだけに世間の注目度も高かった様子。

「イベントの様子は翌日の情報番組でこぞって取り上げられました。視聴者は『脚が細い!』とびっくりした様子で、ネット上はKoki,さんの話題一色といった感じでした」(女性誌編集)

 これまで、「鼻に目がいく」「親の七光」「コネモデル」などといった批判を浴びてきたKoki,。生の姿を見せたことでそのような声を払拭できた――と思いきや、そうでもなかったようだ。

「『脚が細い』とは言われてましたが、一様に『O脚すぎ。母親もそうだよね~』『父親と同じで、しゃべると馬鹿っぽいね(笑)』『歯がでかすぎて口元が残念だったわ~ちょっとショック……』などといった言葉が並び、イマイチな反応ばかり。ほかにも『両親の悪いところばかり取り入れちゃった感じ』『むしろ静止画像のほうがよかった』との声も聞かれ、それはもう散々な言われっぷり。正直、かわいそうと思うぐらいです……」(同)

 とはいえ、Koki,はまだ15歳。モデルとしてこれからどんどん成長して、批判の声を払拭してほしいものだ。

最終更新:2018/10/01 09:43
こんな記事も読まれています

Koki,初イベント登場でリアルな姿を公開も、好感度は上がらず……「両親の悪いところ満載」「口元が残念」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真