日刊サイゾー トップ > 芸能  > 実は「キレやすい」芸能人たち

ピース・又吉直樹は“飲むと戦闘モードに”!? 温厚な顔とは裏腹に「実はキレやすい」芸能人たち

ピース公式ホームページより(左)/光石研公式ホームページより(右)

 ここ最近、物静かな印象がありながら、実はキレやすいということが発覚した有名人が2人いる。

 1人目はお笑いコンビ・ピースの又吉直樹。又吉といえば芥川賞作家として知られており、バラエティ番組でも決して出しゃばることなく、一歩引いてニヤニヤしている印象がある。

 しかし、9月27日放送の『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)では、仲が良い先輩である千鳥の大悟が、又吉の“ケンカっ早さ”について暴露。番組内で相方のノブから、温厚そうな又吉と正反対に見える大悟が「本当に気が合うのか」と質問された大悟は、「合うよ」と言い「ていうか、全然こいつ温厚じゃない!」とキッパリ。驚く共演陣に対し、「飲み屋でケンカなりそうになるの、いっつも又吉」「ワシが止めてる」と言いだしたのだ。又吉も「よっぽどの理由があってですけど……」と大悟の言葉を否定せず、弁解気味の言葉を述べている。

「又吉さんはテレビでは“陰キャ”のイメージがあり、それが人気につながっているところがありますが、経歴を見ていると全然“陰気”なところがないですよ」と語るのは、週刊誌記者だ。

「高校時代の又吉さんは全国大会に出場するようなサッカー強豪校のレギュラーで、副キャプテンを務めた実力の持ち主。足は中学一早く、文才も小学校の頃から飛び抜けていた。どちらかというと、かなりモテる部類の人生を歩んできてます」(同)

 さらに、又吉の普段の様子からも、意外と“リア充”な又吉の姿が浮かび上がってくるのだという。

「好きな女性のタイプはギャルで、ファッションセンスはオダギリジョーや綾野剛のごとき奇抜系。あのロン毛パーマの中は刈り上げたツーブロックで、普段はその部分を見せるため、ポニーテールにしています。プライベートの又吉さんは、かなりイケイケですよ」(若手お笑い芸人)

12

ピース・又吉直樹は“飲むと戦闘モードに”!? 温厚な顔とは裏腹に「実はキレやすい」芸能人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真