日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > イタリアのプレイボーイが腹上死

6,000人斬りのイタリアの63歳プレイボーイ、23歳のお相手と行為中に腹上死

60歳になったザンファンチ氏。まだまだ現役バリバリだった

 腹上死――それは男なら誰もが憧れる死にざま=生きざまだが、40歳年下の若い女性との行為中に名誉の死を遂げたイタリア人男性が話題となっている。

 英紙「メトロ」によると9月25日、アドリア海に面した伊・エミリア=ロマーニャ州リミニで、マウリッツィオ・ザンファンチさん(享年63)が、東欧からの女性旅行者(23)を自宅に連れ込んでお楽しみ中に心筋梗塞を発症。お相手の女性は驚いて救急車を呼んだが、病院で死亡が確認された。

 60代前半での若すぎる突然死だが、イタリアの各メディアは「彼が一番望んでいた死に方だ」と報じている。

 実はザンファンチ氏、「リミニのロメオ」の愛称で親しまれてきた、有名なプレイボーイだ。17歳のときに地元のナイトクラブの客引きとなった彼は、道端で若い女性に声をかけ続ける日々を経て、着実に経験人数を増やしていった。オリーブ色の肌と長くなびく髪、セクシーな胸毛を持つ彼は、女性とベッドインするのに「なんの苦労もしなかった」といい、全盛期にはひと夏で200人以上の女性と寝ることができたと過去を振り返っている。

全盛期のザンファンチ氏

 1970年代にはクラブのプロモーターに昇格した一方、オフシーズンの冬季には北欧の旅行会社で働き、そこでもプレイボーイとして名をはせた。スウェーデンのある町には、彼の蝋人形がお目見えしたこともあるほどだ。

 そんな人生で、彼は実に6,000人斬りを達成していたと明かしていた。

 しかし、今から4年ほど前には、ドイツ紙「ビルド」のインタビューで「59歳は、セックスするには年を取りすぎている」と話し、事実上のリタイア宣言をしていた。ところが、実際はまだまだ現役だったということだ。

 プレイボーイの名に恥じない、名誉の死だったに違いない。

最終更新:2018/10/04 14:32
こんな記事も読まれています
関連キーワード

6,000人斬りのイタリアの63歳プレイボーイ、23歳のお相手と行為中に腹上死のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真