日刊サイゾー トップ > 芸能  > 古舘伊知郎、フジからTBSへシフト?

古舘伊知郎のTBSドラマ『下町ロケット』出演は、フジテレビ“見限り”シフトか?

『下町ロケット』公式Twitter(@rocket_tbs)より

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、10月14日スタートの『下町ロケット』(TBS系)へ出演する。主人公のライバル企業の社長を演じるもので、1回限りのゲスト出演や、本人役のカメオ出演ではない継続的な登場となる。古舘が同局のドラマに出演するのは30年ぶりだという。

 この流れで浮かび上がってくるのが古舘のフジテレビからTBSへのシフトだろう。

「古舘伊知郎は2016年3月にながらく出演した『報道ステーション』(テレビ朝日系)が終了し、その後フジテレビで『フルタチさん』『トーキングフルーツ』と2つの新番組を立ち上げますが、視聴率が苦戦しどちらも終了しています。続いて始まった『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~』も1年未満で終了しています。3つの番組が短期間で終わったとあっては、さすがにフジテレビで新番組を立ち上げる可能性は低いでしょう。そこへ来てのドラマ出演ですから、今後はTBSにシフトしていく流れもありそうですね」(業界関係者)

 古舘とTBSといえば、1990年代から2000年代初頭に和田アキ子とコンビを組み『クイズ悪魔のささやき』『しあわせ家族計画』などの人気番組を手がけてきた。さらに『SASUKE』や特番『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』の実況でも知られる。いわば、黄金期のTBSを支えた立役者の一人である。

「フジテレビはこれまでのバラエティ路線をやめて、教養路線へのシフトを明言しています。むしろ、そちらの路線にこそ古舘伊知郎がハマりそうな印象もあります。ただ古館はスタッフにかなり高いクオリティを求めることでも知られていますから、インターネットからのコピペ情報と間違いだらけの、現在のフジの番組制作体制は彼には合わないかもしれません。その点においては、情報・ドキュメンタリー分野にも強いTBSはうまくハマりそうですね」(同)

 古舘にもそっぽを向かれたフジテレビ、果たして未来はあるのだろうか。

(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/08 14:00
こんな記事も読まれています

古舘伊知郎のTBSドラマ『下町ロケット』出演は、フジテレビ“見限り”シフトか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...…
写真