テーマが重すぎた!? ジャンプ史上最も泣ける、打ち切りマンガ『飛ぶ教室』

■ラブシーンに癒やされる

 とにかく登場キャラクターがこぞってメソメソしがちなマンガなのですが、唯一の癒やしともいえるほのぼのシーンが、オサムとみっちゃんのラブシーン。ラブシーンといっても小学生同士ですから、2人でベタベタしているくらいのものなのですが。

 オサムは主人公のクセしてたいして役に立たないのに、ガールフレンドとはしっかりラブラブしているというのが、わりとイラッとするのですが、ひらまつ先生のかわいらしい画のせいで、そのへんも含めてほほえましい感じになっています。

■救いがないラストシーン

 作品のラストでは、死の灰に侵された北川先生が、ついに亡くなってしまいます。精神的支柱を失った子どもたちがこの先どうなってしまうのか、肝心なところがわからないまま、なんとも救いのないラストを迎えます。

 それもこれも、作品が打ち切りになってしまったから。確かに「友情・努力・勝利」のジャンプ的な要素がない地味マンガではありましたが、単行本の巻末では

「こんなすばらしいマンガはじめて!」

「わたしの心から消えることはないでしょう!」

「飛ぶ教室はクラスの人気者!」

「恐ろしい戦争なんてやめて!」

みたいな読者からの反響が寄せられており、もう少し続いていても全然不思議はなさそうな感じでした。

■打ち切り理由も悲しい

 後にひらまつ先生のオフィシャルサイト上で、実際のところ人気はまずまずあったが、放射能というテーマが当時のジャンプとしては重すぎ、編集部から終了を言い渡されたとのことです。やはり大人の事情だったのですね。継続していれば後世に語り継がれるような名作になっていた可能性があるだけに、なんとももったいない話です。

 しかし、先のサイトによれば、オサムたちのその後を描いた『飛ぶ教室 第2部』の制作を進めており、2018年発売を予定している、との記述があります。車田正美先生の『男坂』がそうだったように、『飛ぶ教室』も30年の時を超えてまさかの続編が出るのか!?

 ただ、もう18年もけっこうな後半に差しかかっていますが……。奇跡が起こることを願っています。

(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

最終更新:2018/10/10 14:00
123
こんな記事も読まれています

テーマが重すぎた!? ジャンプ史上最も泣ける、打ち切りマンガ『飛ぶ教室』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真