日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 古民家で楽しむ『偽りのオムライス』
ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第96回

のんびりした街ののんびりした店で楽しむ『地獄のジンジャエール』と『偽りのオムライス』

裏原や裏しぶでもなく、ここは谷根千。

■チラ見えしているのは、黒い何か……

 小春日和の秋の某日、外国人にも人気の“谷根千”に、珍級なオムライスがあると聞いて向かうことにした。

 JR日暮里駅から谷中墓地の中の路地を歩いていると、向こうから観光客らしき白人カップルが歩いてくるのが見えた。

 近づくほどに、金髪の女のコが着ていたTシャツの胸元が、ありえないくらい大きく開いているのがわかった。下着までチラ見えしてしまっているのだが、ひょっとしてこれは、新しいファッションなのだろうか?

 日本人にはできない大胆な着こなしに、墓の中のジイさんたちも、さぞやびっくりニヤニヤしているのではなかろうか(笑)。そうほくそ笑みつつ、墓を抜けて路地を抜け、やって来たのは古民家風のカフェだった。

 店の前には黒板風の小さな看板がある。のぞき込むと、そこにある人気メニューのトップには、「No.1オムライス(黒)850円」と書かれているのだった。

 そう、今日はこれを食べに来たのだ。

 黒いオムライスとは、いったいどんな見た目なのか? 卵に竹墨かイカ墨でも入れたのだろうか? それとも海苔で覆った? 興味は尽きない。

 通りに面した席には、夫婦らしき2人と、ロマンスグレーのおじさまが、日向ぼっこしながらお茶を楽しんでいる。筆者が座ったのは、おじさまの後ろの席だった。

 メニューを見るまでもなく、とっくに注文するものは決まっている。しかし、うやうやしくメニューを覗き込み、そして、ショートヘアのかわいいスタッフさんにお願いしたのは、もちろんオムライスの(黒)。それと、ジンジャエールの辛口だった。

 まもなくやって来たジンジャエールをひと口飲んで驚いた! 舌が痺れるほど辛いのだ。さらに、炭酸の泡がそこに突き刺さる!

 もし、子どもが飲もうものなら泣き叫び、谷中の静かな店内は地獄絵図と化すに違いないくらい刺激的なのだ。このジンジャエールは、R指定すべきだろう、ハァハァ……。

 ジンジャエールの辛味に舌が慣れ、刺激が風味に変わって来たころ、とうとう「オムライス(黒)」がやって来た、はずだった……。


12
関連キーワード

のんびりした街ののんびりした店で楽しむ『地獄のジンジャエール』と『偽りのオムライス』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚せい剤所持の疑いで5度目(薬物では4度目...
写真