日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木梨憲武の“内輪ネタ”に呆れ声

とんねるず・木梨憲武の新ラジオ『木梨の会』に呆れ声……“内輪ネタ”連発にウンザリ

TBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』番組公式サイトより

 やはり、とんねるずはもう時代遅れなのか?

 6日にスタートした、木梨憲武がパーソナリティーを務めるラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(TBSラジオ)が、リスナーから失笑を買っている。

 注目の同番組オープニングトークで、木梨は藤井フミヤや久保田利伸、ブラザー・コーン(バブルガム・ブラザーズ)など、芸能人友達の近況について報告。しかし、1980年代が全盛期だった懐かしのメンツに、「昭和の深夜ラジオかよ」といった声が上がっている。

「芸能界の友人関係などの“内輪ネタ”は、相変わらずのとんねるずといったところです。かつて『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、一世を風靡したとんねるずの2人ですが、この当時から話題にしていた友人関係とお笑いのセンスが何も変わっていません。80年代から時が止まっているようです(笑)。そりゃ、リスナーも呆れるでしょう」(芸能ライター)

 80年代の“バブルノリ”といえば、相方の石橋貴明がMCを務める『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)も同様だ。初回の視聴率は3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大コケ。早くも打ち切りがささやかれている。

「この初回は、元おニャンこクラブの工藤静香をゲストに迎えて、イケイケだった80年代のテレビ業界について語り合うというものでした。バブル時代の武勇伝をドヤ顔で自慢する石橋の姿に、視聴者からは『ダサい』との声も。30年続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)が今年3月に終了してからは、それぞれピンで番組を持ちましたが、深夜テレビと早朝ラジオの違いはあっても、結局2人とも80年代のノリという方向性は同じ。周りから時代遅れと言われようとも、もうこれしかできないんでしょうね」(同)

 最近はファンクラブが閉会し、石橋が社長を務める2人の所属事務所の役員から木梨が外れるなど、解散がささやかれるジリ貧状態のとんねるず。ここまで時代に取り残されると、もはや存在意義などないのではないか。

最終更新:2018/10/11 19:30
こんな記事も読まれています

とんねるず・木梨憲武の新ラジオ『木梨の会』に呆れ声……“内輪ネタ”連発にウンザリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真