日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 父の遺言は「包茎手術しろよ」

『家、ついて行ってイイですか?』自殺した父を責めた過去を悔やむ息子……遺言は「包茎手術しろよ」?

■最後まで息子の包茎を気にかけていた父

 彼は今、後悔の念に駆られている。

「今になって、(自分が)『なんで?』みたいな。『何言ってんの?』みたいな。キツイっていうか……」

 そして、父親の不在を悲しむ。

「本当に困った時、『出てこいよ』と思った時はありますよ。本当に迷った時。『教えて』『助けて』みたいな」

 男子が人生で迷う瞬間は数多い。彼に立ちはだかった関門は切実だった。

「カントン包茎なんですけど。お父さんが基本、『ちんこむいて洗いなさい』って言うんですけど。みんな、やってるんですよ。幼稚園、小学校の低学年から。(自分は)やってなくて、ずっと。初めてやったら真っ白で。チンカスですよ。(自分の頭を性器に見立て、頭からあごを上下にさすりながら)真っ白なんですよ、ここの、この辺とかも」

「むいてもめっちゃ痛くて、うっ血したんですよ。大学2年生くらいの時にちんこを使ってみて、使えねえなってなって」

「(自分の頭を性器に見立て、あごから首を手のひらで覆い)むくと、ここでめっちゃ首絞まるみたいな」

 父が自殺する前日について、彼は再び振り返った。

「遺言的なのはありましたよ。前日の夕方くらいに僕の部屋に来て、2つ言われて。『今日からもう会えないかもしれないけど、いつまでも応援してるよ』『頑張ってな』みたいな。『お母さんと2人になっちゃうかもしれないけど大事にしなさい、言うこと聞きなさいよ』」

「もうひとつあって。これ本当なんですけど、なんか、『包茎手術しろよ』って言われて。確かに、それで苦労してるんですけど。その時(初体験の時)、それがよぎったんですけど」

 笑いを伴うエピソードだから、余計リアルに響いてくる。男同士でしか共有できない悩みがあり、“人生の先輩”として頼れる存在になる。そんな時こそ、父の存在は息子に染みる。でも、迷った時に声を上げた「教えて」「助けて」という叫びは、今は父へ届かない。

 よどみのない、リアルな現場からの声だった。逆に、「父子は良好な関係性を築くべき」だと生々しく教えてくれた。

(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2018/10/12 18:45
123
こんな記事も読まれています

『家、ついて行ってイイですか?』自殺した父を責めた過去を悔やむ息子……遺言は「包茎手術しろよ」?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真