日刊サイゾー トップ > 芸能  > さまぁ~ず大竹はモラハラ夫?

さまぁ~ず・大竹一樹に「最悪のモラハラ夫」と批判の声続出! 恐妻家キャラはウソだった!?

三村マサカズ公式Twitter(@hentaimimura)より

 10月15日放送の『長嶋一茂と怒れる女たち』(フジテレビ系)に、元フジテレビアナウンサー・中村仁美が出演。夫である「さまぁ~ず」大竹一樹の衝撃的なエピソードを明かし、「完全にモラハラじゃん」とネット上で話題になっている。

 番組で中村は“鬼嫁エピソード”をテレビで話す大竹に反論。「“自分は耐え忍んでます”って感じですけど、家では真逆」と暴露した。さらに具体的なエピソードとして、「ケンカをしたら、ものすごく罵声を吐く人なんですよ」「例えば『この豚が!』とか『調子のってんじゃねぇぞ!』とか『お前常識無いんだよ!』とか……」「私が黙ってると気が済むまで言ってくる」といった実体験を告白。意外な大竹の一面に、スタジオからは驚きの声が上がっていた。

「不満を爆発させた中村ですが、大竹の攻撃的な面で一番嫌なのは『子どもの前でも自分に罵声を浴びせてくること』だと明かしています。大竹は小学校1年生と3歳の子どもに向かって『あの女、ああいう奴だから気をつけろよ』と言うらしく、大竹の言葉遣いを覚えた子どもは『お前』などの言葉を使い始めているそう。さらに、そのことを大竹に指摘すると『「俺ほら下町だからさぁ」と開き直る』とも明かしました。これらのエピソードに視聴者からは、『さまぁ~ず大竹、最悪のモラハラ夫じゃん。早く離婚した方がいいよ……』『大竹が奥さん罵ってるの知って嫌いになった』『大竹のお笑いは好きだけど、人間的に好きになれないのはこういうところなんだよなぁ』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 これまでにテレビで、中村の鬼嫁ぶりをたびたび明かしてきた大竹。恐妻家キャラだったが、実態は違うのだろうか?

「大竹は、15日に放送された『オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです』(テレビ朝日系)に出演しました。番組で取り上げた健康食に興味を示した大竹ですが、実生活に取り入れるか想像したところ“中村に反対される”と予想。ユースケ・サンタマリアが『奥さんは作ってくれませんか?』と質問すると、『無理ですね……』と苦笑いで返答していました。お互いに夫婦のエピソードをテレビでよく話していますし、“鬼嫁”と“モラハラ夫”をネタとして扱っている可能性もあるでしょう。2人の夫婦エピソードには『なんだかんだ言ったって子どもが2人もいるということは、そんなに仲が悪くないってことでしょ』『本気の不満だったらテレビで言えない気がする』『テレビでこういう話が出るのは、仲が良い証拠』といった声も多いです」(同)

 テレビで不満を言い合う大竹・中村夫妻。今後はどのようなエピソードが飛び出すのだろうか。

最終更新:2018/10/16 15:30
こんな記事も読まれています

さまぁ~ず・大竹一樹に「最悪のモラハラ夫」と批判の声続出! 恐妻家キャラはウソだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真