日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国産ニセ美容医薬品が日本にも?

池袋の雑居ビルでも……? 中国・美容医療業界で「偽ボトックス」「偽ヒアルロン酸」がまん延中!

倉庫を捜索する当局。倉庫からは、さまざまなニセ美容医薬品が見つかった

 市場規模1兆円ともいわれる中国の美容医療業界が、”ニセ薬”スキャンダルに揺れている。

 香港系ニュースサイト「東網」(10月12日付)によると、内偵捜査を続けていた中国公安局が、先日、各地にアジトを置いていた偽美容医薬品業者を摘発したという。

 事件の発覚は、今年2月にさかのぼる。浙江省海寧市の地元当局が、インターネット上での犯罪行為を監視していた際、チャットアプリ「微信」を使って、美容医療などに使用されるボトックス(ボツリヌストキシン)やヒアルロン酸などを販売している業者を発見。捜査を進めたところ、この業者は中国全土で偽医薬品を販売していることがわかった。

 そして今年4月から7月にかけ、当局は業者の所在を割り出し、江西省、河南省、広東省、安徽省で偽美容医薬品の販売に関わっていた21人を逮捕。さらに、湖南省にあった製造工場や倉庫など5カ所の家宅捜索も行った。その結果、販売される予定だった袋詰めの偽ボトックス3,100袋と、偽ヒアルロン酸2万5,000袋が押収されたという。

 美容市場の成長著しい中国では、こうした多くの偽美容医薬品が、市場に大量に流通しているとみられている。北京市内には、医療資格もないままボトックス注射を行っているサロンも数多く、そうした場所で使用されているボトックスは非正規品である可能性が高いという。

 こうした偽美容医薬品は、すでに日本に流入している可能性もある。中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は、こう話す。

「池袋の雑居ビルには、レーザー脱毛やボトックス注射を行っている中国系の闇美容クリニックがいくつか存在しています。集客は『微信』上の在日中国人のコミュニティーで行い、看板も掲げていないので日本人の目に留まることはほとんどなく、警察に摘発されることもない。そんな場所ですから、使用される医薬品も正規品である保証はまったくない」

 日本人が利用する可能性は低いとはいえ、被害者が出ないうちに取り締まりが行われるべきだろう。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/10/18 14:00
関連キーワード

池袋の雑居ビルでも……? 中国・美容医療業界で「偽ボトックス」「偽ヒアルロン酸」がまん延中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

ラッセル・クロウ主演の恐怖映画『アオラレ』

 ついクラクションを鳴らしたことから、悲劇は...…
写真
インタビュー

青木真也が独自論を激白!

 今年1月、シンガポールで行われた「ONE: UNBREAKABLE」で、元ONEウ...
写真