日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 足立正生が語る、若松孝二(後編)
映画『止められるか、俺たちを』公開記念特集第3弾

“革命家”足立正生が語る若松孝二と共闘した時代「若者が感じる閉塞感は今も変わらない」(後編)

映画『止められるか、俺たちを』のタイトルシーン。めぐみ(門脇麦)と秋山(タモト清嵐)の傍らには、シンナーで酩酊中の若者の姿が……。

■ドラッグは創作に影響を与えたのか?

──足立さんが「若松プロ」に戻って監督した『噴出祈願 15歳の売春婦』(71)は、『止め俺』では荒井晴彦(藤原季節)、吉積めぐみ(門脇麦)との共作として描かれていましたが、実際にはどうだったんでしょう。

足立 「若松プロ」では、脚本のほとんどは僕が書いていました。「若松プロ」のヤツらはワーワー言うけど、誰もホンにまとめようとしないから、僕が書くしかなかった。『噴出祈願』のときは、僕と荒井晴彦がめぐみのアパートに行って脚本を書いた。めぐみも撮影が終わってから合流したんだけど、荒井は鉛筆を削るだけだったし、めぐみもアイデアをろくに出さないから、僕がひとりでワーワー言いながら書いていました。それでも、僕より若い荒井やめぐみの感性はなるべく反映させるようには努めました。一人で書いているよりは、話し相手がいたほうがやはり筆は進みます。近くに批評家がいてくれると、すぐに意見が聞ける。合作って、そういうものです。意見を出し合い、評論しあいながら脚本をまとめていく。黒澤明監督もその頃は脚本家を3~4人集め、複眼的な視野から脚本を練っていたわけです。

──最近の日本映画は複数の脚本家による共作はあまりない。集団創作が増えれば、もっと面白い作品も生まれるのではないかと思います。

足立 それは今の日本映画が、原作ものが多いからでしょう。小説や漫画、アニメ作品を実写映画化するという作業は、原作を批評するという行為が映画の機軸となるわけです。そういった作業は、一人のほうがスムーズに進むかもしれない。僕は原作ものが好きじゃないのでやったことがないけど、『まほろ駅前多田便利軒』(11)や『光』(17)の大森立嗣監督なんかは、作家の三浦しをんとフィーリングが合っているんでしょう。それはそれでいいと思う。それよりも今の日本映画の問題点は、製作委員会方式が主流になってしまっていること。いろんな立場の人が関わることで、角が取れた丸い作品しか生まれてこない。みんなが「面白い」と言うような企画からは、本当にすごい映画は出てこないと思いますよ。

──『新宿マッド』(70)では、シンナーでハイになっている若者たちの姿が印象的です。1960~70年代に流行っていたドラッグが、作品づくりに影響を与えた部分はあったんでしょうか?

足立 当時はシンナーやハイミナールで酩酊している若者たちが、夜になると新宿駅東口の芝生にたくさんいました。ニブロールはハイミナールよりキツかった。押し入れで大麻を育てるのも当時は流行していた。そういうドラッグの力でぶっ飛んだものを書こうとする人も確かにいました。僕も大学時代には「LSDで人間の意識はどう変化するのか」といった実験を、医者立ち会いのもと学園祭でやったりもしました。でも、僕にはドラッグは邪魔にしかならなかった。僕の場合はほとばしるイメージをどう抑え込んで脚本にするかが重要だったので、ドラッグをやると仕事にはならなかったんです。ドラッグで一時的に憂さを晴らす人もいたんでしょうが、ドラッグではカタがつかないことが生きているとあるわけで、僕にとってはそこが重要でしたから。

「若松プロ」のメンバーの多くが赤バスに乗り込むことになり、めぐみは次第に孤独さを募らせていく。

■闘いの場は映画世界から現実の世界に

──『止め俺』では、めぐみさんの足立さんに対するプラトニックな恋愛も描かれています。

足立 実際もそうだったみたいだね。若松に比べ、僕は優しかったから(笑)。でも、僕はその頃はもう結婚もして、子どももいた。めぐみは映画のことをもっと学びたいという思いが強く、僕は彼女の刺激になるような場所へよく誘いました。彼女は大学生のことを「ケッ」と思っていたけれど、大学の討論会などに僕が連れていくと、大学生はみんながみんなバカというわけじゃないことが彼女にも分かったみたいだね。めぐみにとって決定的だったのは、『赤軍 PFLP 世界戦争宣言』(71)でしょう。僕らは赤バスに乗って、『赤P』を上映しに日本各地を回ったわけですが、本当は彼女も赤バスに乗りたかったんです。でも、めぐみまで赤バスに乗ると「若松プロ」で映画を作るヤツが誰もいなくなってしまう。それで僕が「お前は残れ」と言ったんです。彼女が屈折したとしたら、それが原因だったかもしれません。

──1971年のカンヌ映画祭に若松監督と出席した際には、オノ・ヨーコとジョン・レノンからサインをもらったそうですね。「若松プロ」で留守番をしていためぐみさんへのお土産だったんでしょうか?

足立 そうです。監督週間にオノ・ヨーコが監督した『FLY』(71)という短編映画が上映され、オノ・ヨーコはジョン・レノンと会場に来ていました。僕が「きゃー、ビートルズ~! サインしてぇ!」とお願いすると、ジョン・レノンは「コンニチワ、バカヤロウ」と返してくれました。オノ・ヨーコは「気にしないで。ジョンは日本語、この2つしか知らないのよ」と笑っていました(笑)。もらったサインは、日本に戻ってめぐみに渡しました。後から、あのサインはけっこうな値段になるんじゃないかという話になったけど、探してもどこにもなかった。思い返せば、めぐみの葬儀のときに、このサインも彼女のものだからと棺に入れて燃やしたんです。

──足立さんは1971年に続き、74年に再び中東へと渡り、映画界ではなく現実世界での革命闘争に身を投じることに。

足立 アフリカ諸国で第二次革命が起きようとしていたタイミングでした。植民地支配からの独立を次々と果たしてはいたけれど、植民地時代の枷がまだまだ残っており、アルジェリア、モロッコ、ボルサリオなどで新たな闘争が始まろうとしていたんです。

123
こんな記事も読まれています

“革命家”足立正生が語る若松孝二と共闘した時代「若者が感じる閉塞感は今も変わらない」(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ピエール瀧、コカインで逮捕!

“名バイプレイヤー”の不祥事に業界激震! NHK大河、出演映画はどうなる!?
写真
人気連載

少女が古車に恋する『バンブルビー』

 廃車置き場で眠っていた年代物のビートル(フ...…
写真
ドラマレビュー

『イノセンス』いきなり武田真治が……

(これまでのレビューはこちらから)  坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~...…
写真