日刊サイゾー トップ > 芸能  > 水原希子、独立でスキャンダル噴出?

水原希子「独立」でスキャンダル噴出の可能性も? 狙われる“個人事務所タレント”たち

「OFFICE KIKO」公式サイトより

 女優でモデルの水原希子が個人事務所への移籍を報告した。10月1日よりOFFICE KIKOを立ち上げ、国内のマネジメントをにない、海外での活動は各地域のエージェントと行うようだ。個人事務所への移籍は、仕事のやりやすさを優先した形といえるだろう。だがリスクを伴うのも確かだ。もっとも大きなものがスキャンダル対応である。

「芸能人にとって熱愛や不祥事といったスキャンダルは、いつ襲いかかるかわかりません。そうした場合、大手の事務所ならばメディアの動きを事前に察知し抑えることも不可能ではありません。場合によっては発表の時期を交渉するといったこともできるでしょう。大手事務所はそうしたスキャンダル対策専用のスタッフや人脈を抱えているものですが、個人事務所の場合はそうした部分が弱いといえるでしょう」(芸能関係者)

 実際に、個人事務所であるがゆえに狙われてしまった人間もいる。

「2012年にモデルで女優の冨永愛と、料理研究家の園山真希絵との二股交際が報じられた塩谷瞬は個人事務所所属でした。塩谷はもともとスターダストプロモーションに所属していましたが10年の2月に独立。スキャンダルはその2年後に襲いかかりました。2人との関係ばかりではなく、別の女性から性行為時の“噛み癖”などの性癖が暴露され、イケメン俳優のイメージはガタ落ちとなりました。涙の謝罪会見も、誠実さよりはメンタルの弱さをマイナスに印象づけてしまいました。もちろん本人の行為に問題があるのも確かですが、騒動発覚後は仕事が激減し、死亡説も流れたほどです。独立で失ってしまった代償は大きいといえるでしょう」(同)

 水原もスキャンダル対策には、くれぐれも気をつけて欲しいものだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/23 09:58

水原希子「独立」でスキャンダル噴出の可能性も? 狙われる“個人事務所タレント”たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真