日刊サイゾー トップ > 芸能  > 水原希子、独立でスキャンダル噴出?

水原希子「独立」でスキャンダル噴出の可能性も? 狙われる“個人事務所タレント”たち

「OFFICE KIKO」公式サイトより

 女優でモデルの水原希子が個人事務所への移籍を報告した。10月1日よりOFFICE KIKOを立ち上げ、国内のマネジメントをにない、海外での活動は各地域のエージェントと行うようだ。個人事務所への移籍は、仕事のやりやすさを優先した形といえるだろう。だがリスクを伴うのも確かだ。もっとも大きなものがスキャンダル対応である。

「芸能人にとって熱愛や不祥事といったスキャンダルは、いつ襲いかかるかわかりません。そうした場合、大手の事務所ならばメディアの動きを事前に察知し抑えることも不可能ではありません。場合によっては発表の時期を交渉するといったこともできるでしょう。大手事務所はそうしたスキャンダル対策専用のスタッフや人脈を抱えているものですが、個人事務所の場合はそうした部分が弱いといえるでしょう」(芸能関係者)

 実際に、個人事務所であるがゆえに狙われてしまった人間もいる。

「2012年にモデルで女優の冨永愛と、料理研究家の園山真希絵との二股交際が報じられた塩谷瞬は個人事務所所属でした。塩谷はもともとスターダストプロモーションに所属していましたが10年の2月に独立。スキャンダルはその2年後に襲いかかりました。2人との関係ばかりではなく、別の女性から性行為時の“噛み癖”などの性癖が暴露され、イケメン俳優のイメージはガタ落ちとなりました。涙の謝罪会見も、誠実さよりはメンタルの弱さをマイナスに印象づけてしまいました。もちろん本人の行為に問題があるのも確かですが、騒動発覚後は仕事が激減し、死亡説も流れたほどです。独立で失ってしまった代償は大きいといえるでしょう」(同)

 水原もスキャンダル対策には、くれぐれも気をつけて欲しいものだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/23 09:58
こんな記事も読まれています

水原希子「独立」でスキャンダル噴出の可能性も? 狙われる“個人事務所タレント”たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真