日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新潮社、ジャニーズ利権に陥落

「新潮45」騒動で弱った新潮社、ジャニーズ利権に陥落……“禁断の果実”キンプリカレンダー発売へ

「Memorial(初回限定盤A)(DVD付)」(Johnnys’ Universe)

 ジャニーズにとっては今が狙い目だった!?

 5月にリリースしたデビューシングル「シンデレラガール」が累計売り上げ74万枚を突破、今年の『NHK紅白歌合戦』も当確といわれているのが、ジャニーズグループのKing & Princeだ。

 そんな彼らの2019年度カレンダーが「週刊新潮」の発行元である新潮社から発売されると、10月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「ジャニーズのカレンダーは、億単位の売り上げが見込めるドル箱商品。例年、スキャンダルを扱う週刊誌を発行する大手出版社に各グループが割り当てられ、“利権”を得た出版社は、ジャニーズ所属タレントのスキャンダルを掲載しないのが暗黙のルールとなっています。しかし、そうした“忖度”をしない『週刊文春』発行元の文藝春秋、『週刊新潮』の発行元の新潮社は“天敵”認定されていました」(芸能記者)

「文春」の取材に対し、ジャニーズ事務所はキンプリが新グループであるため、新しい出版社から出すことを検討、ティーン向けのファッション誌「nicola」などを発行しているという理由で新潮社を選んだと回答している。

 しかし、それは表向きの話で、新潮社、ジャニーズ双方にとって、手を組みたい事情があったという。週刊誌記者が耳打ちする。

「新潮社はオピニオン誌『新潮45』の掲載したLGBT批判の特集記事が猛烈な批判を浴び、休刊に追い込まれた。それに伴い、同社と仕事をしてきた作家や翻訳家らが、執筆・翻訳の取りやめの意思を相次いで表明。新潮社の本を書棚から撤去する書店も現れるなど、深刻な状況となっていました。カレンダーの売り上げがあれば経営的にも一息つけるため、渡りに舟だったのは間違いない。一方、昨年、V6・岡田准一を主演にしたドラマ『白い巨塔』のリメイクプロジェクト(テレビ朝日系)が進行していた。しかし、原作者の故・山崎豊子氏は、キャストの体格に強いこだわりを持ち、主人公はこれまで高身長の俳優が務めてきたため、山崎氏の意向を尊重し、版元である新潮社は岡田の起用を拒否し続けていたとされています。それが、ここにきて来年の放送が電撃決定されましたから、カレンダー利権との交換取引が行われた可能性もありそうです」

 9月末には、芸能活動から身を引き、ジャニーズのタレント育成やプロデュース業に専念することを発表した滝沢秀明のインタビュー記事が「週刊新潮」に掲載されている。

 今後、同誌にジャニーズのスキャンダルが掲載されることはなさそうだ。

最終更新:2018/10/23 10:00

「新潮45」騒動で弱った新潮社、ジャニーズ利権に陥落……“禁断の果実”キンプリカレンダー発売へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真