日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有村架純で思い出す「裕木奈江事件」

『中学聖日記』有村架純で思い出す「裕木奈江事件」ほか、ドラマの配役で“嫌われたタレント”たち

『中学聖日記』公式インスタグラム(@chugakuseinikki_tbs)より

 有村架純が嫌われ始めているようだ。10月スタートのドラマ『中学聖日記』(TBS系)において、中学3年生の教え子と恋に落ちる25歳の女教師役を演じているのだが「普通に犯罪だし、美談系にまとめられているのが嫌」「原作の主人公のイメージが有村に合わない」「エロいシーンを期待したが、特にないのでどっちらけ」といった声がネット上では見られる。

 視聴者としてはドラマの内容に不満があり、それが有村への批判へすり替えられているようにみられる。だが脚本においても、演じる本人を想定してセリフを書いていく「当て書き」と呼ばれる手法があるように、俳優や女優にとってドラマの役柄と本人のキャラクターは断ち切れない関係にある。過去には、とんだとばっちりを受けてしまった女優もいた。

「裕木奈江ですね。1988年にデビューし、『北の国から’92巣立ち』(フジテレビ系)では吉岡秀隆が演じた純の恋人・松田タマコ役を好演し、実力派女優として知られるようになります。しかし93年に出演した『ポケベルが鳴らなくて』(日本テレビ系)において、友人の父親と不倫関係になるOLを演じたところ『ぶりっこ』『あざとい』と批判を浴び、女性に嫌われる女優となってしまいます。このイメージはなかなか拭えず、彼女は徐々に芸能界からフェードアウトしていきました」(芸能ライター)

 だが、こうした風評被害を受けてしまうのは女性ばかりではない。

「2015年にバイク事故で亡くなった萩原流行は、新人時代は2時間もののサスペンスドラマで卑劣な犯人役を演じることが多く、ロケで田舎へ行くとおばあさんから石を投げられたこともあったそうです。ドラマの役柄を本人のイメージを混同してしまう人はやはり多いのかもしれません」(同)

 有村も女優として裕木奈江の二の舞いとならないよう願いたい。

(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/28 21:00
こんな記事も読まれています

『中学聖日記』有村架純で思い出す「裕木奈江事件」ほか、ドラマの配役で“嫌われたタレント”たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真