日刊サイゾー トップ > 芸能  > 日テレドラマ爆死で「出る価値なし」

広瀬すず、石原さとみ、新垣結衣の連続爆死で「日テレは出る価値なし」の声が噴出中!

 テレビ界で「三冠王」といえば、日本テレビの代名詞だったが、その牙城がいよいよ危うくなってきているようだ。

 10月第3週の全日、プライム、ゴールデンのすべての平均視聴率でテレビ朝日がトップとなり、日テレが続けていた「週間三冠王」記録をストップさせた。

「明暗を分けたのはドラマです。テレ朝は水谷豊主演『相棒season17』、米倉涼子主演『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』、伊東四朗主演『おかしな刑事』が高視聴率をマークして牽引。対する日テレは、新垣結衣『獣になれない私たち』、中島健人主演『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』、賀来賢人主演の『今日から俺は!!』が軒並み1ケタとなり、足を引っ張った形です」(テレビ誌ライター)

 日テレのドラマは、以前から同局の「アキレス腱」。脚本力、スタッフの能力など、芸能関係者の間では、しばしば「レベルが低い」との声が聞かれていたという。

「加えて、日テレは主要キー局では最もギャラが安い。それでも人気俳優たちが出演したのは、日テレが『三冠王』だから。実際、多くの芸能プロは数字が取れるのなら、ほかの問題は些末なことと気にしていなかった。しかし、最近はディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒、石原さとみ、そして今期の新垣と、そうそうたる役者がいずれも大爆死。商品価値を損ねられたと、日テレに絶縁状を叩きつけたなどと報じられています。少し前まではフジテレビが“爆死局”として避けられていましたが、それでもフジはギャラだけは高い。視聴率が悪い、クオリティが低い、ギャラが安く、商品価値を下げられるのであれば、もはや日テレに出る意味がない。今後、ドラマのキャスティングは、かなり苦労すると思いますよ」(テレビ関係者)

 ドラマ以外にも、有働由美子を起用した『news zero』が視聴率4~5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで急落しているだけに、王者の落日は近いかもしれない。

最終更新:2018/10/30 10:00
こんな記事も読まれています

広瀬すず、石原さとみ、新垣結衣の連続爆死で「日テレは出る価値なし」の声が噴出中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真