日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 藤田ニコルが若者に支持されるワケ
ズバッと!芸能人

見た目も中身もカリスマ! 藤田ニコルが支持されるのは“時代への醒めた目”だった?

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あんなにテレビに出ているのか? その理由を、業界目線でズバッと斬る「ズバッと芸能人」。

 今回取り上げるのは藤田ニコルだ。Twitter、Instagramのフォロワーはそれぞれ240万人、230万人。これは、愛知県名古屋市の人口と同じくらいの数字である。そんな彼女の活躍は、ここのところ、さらに目覚ましい。

11月2日『#ミレニアガール』(フジテレビ系)

11月3日『有吉ジャポン』(TBS系)

11月3日『来週からカラダWEEK!あなたのカラダ何歳ですか?』(日本テレビ系)

11月3日『オスカル!はなきんリサーチ』(テレビ朝日系)

11月4日『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京系)

11月5日『上田晋也の日本メダル話』(日本テレビ系)

11月5日『ヒルナンデス!』(同)

11月5日『有吉ゼミ』(同)

と、枚挙にいとまがない。

 ちなみに、10月28日に出た『おしゃれイズム』(同)は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区 /以下、同)だった。7日の同番組は6.4%(ゲスト・黒木華)、14日が9.7%(賀来賢人、鈴木伸之、太賀)、21日が9.9%(勝地涼)なので、やはりある程度「もっている」のであろう。

 そんな時代に求められる理由は、生き方を自由に泳ぐところにある。「にこるんビーム」を繰り出し「おバカ」キャラとして世に出た頃は、テレビ各局とも、正直、鈴木奈々や今井華などモデル出身の女性タレントとほぼ同列でキャスティングしていたものの、正直どこが人気なのかわからないまま起用していたフシもある。 

 だが、そんなおバカ全開だった頃でも、ワイプでのコメントは単なるおバカタレントとは一線を画していた。残念ながら知性は感じないが、なぜか妙にひっかかるというのか、かなりクールな物の見方をするなというのが印象だった。もちろん辛らつというわけでもなく、「寂しさ」が裏側に潜んでいるような感じのコメントぶりだったのだ(これは有吉弘行やマツコ・デラックスにも共通して言える)。

 よってニコルが昨年、「Popteen」から「ViVi」の専属モデルとなり、ビジュアルから脳みそまで入れ替えたのかというぐらい考え方もフルモデルチェンジされたことに驚きを感じながらも、自分を俯瞰で見る能力に長けていると思ったのも事実である。


12
こんな記事も読まれています

見た目も中身もカリスマ! 藤田ニコルが支持されるのは“時代への醒めた目”だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真