日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 藤田ニコルが若者に支持されるワケ
ズバッと!芸能人

見た目も中身もカリスマ! 藤田ニコルが支持されるのは“時代への醒めた目”だった?

 そもそも、タレントは(特に若い頃は)一度そのキャラが浸透してしまうと、そこからの脱却が難しいし、それをした途端にオファーがかからなくなる危険性がある。だが、ニコルはそうした不安にも臆することなく自分を変え、脱皮していった。そして、それがまたウケている。りゅうちぇるなどもそうだが、誰かに言われるわけでもなく、自分がこうしたいからそうしているのだ、という「生き方」で支持されている稀有なタレントであろうと思う。

 だが、小倉優子が「こりん星のりんごももか姫」という設定を「あれはキャラだった」と自ら告白することで“ひと稼ぎ”したのとは違い、そこまで自分を偽ってはない。ビフォーもアフターも、藤田ニコル本人であるのだ。だが、今あえて「にこるんビーム」をイジられると、激しく嫌がるのは、あまりに近い歴史であることと、20歳の若さゆえだろう。何年かすると自らイジりだすのかもしれないが、逆にそれをすると我々は引いてしまうかもしれない。

 そんな中、彼女にはひとつ心配なことがある。先の『おしゃれイズム』で彼女は、「もし好きな人がいて、結婚しようと言われたらしちゃうタイプ」と自らを分析したのだ。つまり、いまやファッションプロデュースなどに貪欲に進出している身であるにもかかわらず、そこまで芸能界への執着もないように見える。もちろん、結婚後も仕事を続ける可能性もあるが、いわゆる「ママタレ」で、自らの子育て生活を切り崩しながら生き永らえるタイプにも見えない。

 だが、若干20歳、これからどんなことを企んでいるのか、その可能性は無限大、未知数な気がする。その意味では、彼女はまだブレーク前夜なのかもしれない。

(文=都築雄一郎)

◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから◆

最終更新:2018/11/05 10:44
12
こんな記事も読まれています

見た目も中身もカリスマ! 藤田ニコルが支持されるのは“時代への醒めた目”だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真