日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 米倉ドラマ好調も、後輩女優に不要論

米倉涼子『リーガルV』は好調だが……オスカー“バーター女優”に不要論が噴出中!

オスカープロモーション公式サイトより

 米倉涼子が主演するテレビ朝日系連続ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』が15%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を連発し、好調な視聴率で推移している。

 むろん“キラーコンテンツ”だった『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズに比べれば物足りない数字だが、新ドラマとしては上々。今クール、ライバルと目されていた『下町ロケット』(阿部寛主演/TBS系)はなかなか15%の壁を超えられず『リーガルV』が独走中だ。

 同ドラマは、弱小集団(京極法律事務所)が強者(Felix&Temma法律事務所)に戦いを挑むという設定で、主人公が演じるキャラも、大門未知子に相通じるものがあり、『ドクターX』ファンの溜飲を下げているのだろう。

 そんな中、不評を買っているのが、米倉と同じオスカープロモーションから“バーター出演”している内藤理沙と宮本茉由だ。『リーガルV』には、向井理、菜々緒、小日向文世、高橋英樹、林遣都、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、勝村政信といった、そうそうたるメンバーがキャスティングされているが、内藤と宮本は完全に浮いた印象を与えているようだ。

「内藤は鉄道オタクの翔子が通う鉄道バーの店員役、宮本はFelix・天馬代表(小日向)の秘書役で出演しています。いずれもチョイ役でセリフもほとんどありませんので、ハッキリ言って、誰が演じてもいい役柄。その役自体がなくても、まったく問題ないレベルです。ほかのキャストが豪華で、それぞれ存在感を発揮しているだけに、この2人の登場シーンになると、どっちらけです。無理に毎回出演させなくても、いいんじゃないでしょうか?」(芸能ライター)

 オスカーに限らず、大手芸能事務所の役者がドラマの主演を張る場合、同じ事務所の役者が“バーター出演”するケースは少なくない。特に顕著だったのが、『ドクターX』で、内藤をはじめ、水沢エレナ、笛木優子、田中道子、久住小春、是永瞳、井本彩花といったオスカー勢が多数出演した。

「内藤の出演作は、ほとんどが米倉、武井咲、剛力彩芽が主演したドラマで、いわば“バーター専門女優”。自力で役を取ることはできていません。宮本はオスカーが主催した『第1回ミス美しい20代コンテスト』の審査員特別賞受賞者で、『リーガルV』が女優デビュー作。早い話、演技ド素人です。そんな人たちが、高視聴率ドラマに出ていたら、違和感たっぷりですよ」(同)

 とはいえ、ドラマにはチョイ役も必要。本来なら、もっと広い範囲で配役すべきなのだろうが、局側が主役の所属事務所と円滑に仕事を進めるためには、“バーター出演”の受け入れは必要悪なのかもしれない。
(文=田中七男)

最終更新:2018/11/05 06:00

米倉涼子『リーガルV』は好調だが……オスカー“バーター女優”に不要論が噴出中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真