日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西野亮廣がJC相手に「破廉恥ライブ」

ホリエモンとの共著本が絶好調のキングコング・西野亮廣、女子中学生相手に「とんでも破廉恥ライブ」の過去!

オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』公式ホームページより

 10月26日に発売された、堀江貴文とキングコング・西野亮廣の共著『バカとつき合うな』(徳間書店)が売れている。

〈あなたがなりたいあなたになるための、すべての答えがここに。新時代を生きる28の最強の教え!〉

 とのことで、もはやすっかり“教える側”となった西野。「AbemaTV」でも、この8月から『株式会社ニシノコンサル』なる番組がスタートしており、無名アイドルや不人気ユーチューバーなどを西野がコンサルタント。賛否を呼びながらも、芸人、絵本作家と、枠や肩書にとらわれない自由な活動が好調のようだ。

 だが、そんな西野の「とんでもハレンチ過去」を、あるお笑い関係者が明かしてくれた。 なんと、西野主催のお笑いライブで、女子中学生に自身の男性器と肛門をご開帳していたというのだ。

 今から10年前。2008年の2月7日のことである。新宿の「シアターブラッツ」で行われたお笑いライブ『ろくでもない夜』が、問題のライブであった。

「この『ろくでも~』は、もともとは気心の知れた後輩芸人とともに行っていた、ネット配信番組。この番組の初ライブが行われるということで、雪の降る寒い夜にもかかわらず、200人ほどのキャパの会場はファンの若い女性たちで超満員となっていました」

 だが、これがとんでもなくひどい内容だったのだ。

「まず驚いたのは、ステージ上で流されたライブのオープニングの映像。なんと西野は尻を丸出しで、前を向くと股間は墨で消されたような処理がしてあるだけ。イチモツをシコシコとしごく映像もあり、その際のモザイクは非常に薄く、本人もあとで『モザイク薄すぎるやろ!』とネタにしていたほどでした」

 さらにとんでもなかったのは、「YOWAIDO最弱王決定戦!」なる企画コーナー。出演芸人の中で「誰が一番弱いか」を決めるために芸人たちがパンツ一丁で組み合い、相手のパンツをめくってお尻をペン! と叩いたところで勝負あり、というルールだったという。

「ブロードキャスト!!の房野史典と西野が対決すると、西野はあっさり負けてしまったのですが、その際、お客さんに思いっきり尻を突き出した格好で房野に抱え込まれ、パンツをズルッ! と降ろされてしまったんです。取っ組み合いの中で勢いがついたこともあり、四つん這いの西野の下半身は、ほぼ丸出し。私が見ていた中段の席からでも、肛門はおろか、股ぐらからタマ袋までがハッキリ見えていました……」


12
こんな記事も読まれています

ホリエモンとの共著本が絶好調のキングコング・西野亮廣、女子中学生相手に「とんでも破廉恥ライブ」の過去!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真