日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西野亮廣がJC相手に「破廉恥ライブ」

ホリエモンとの共著本が絶好調のキングコング・西野亮廣、女子中学生相手に「とんでも破廉恥ライブ」の過去!

 小さなライブ会場のため、舞台と最前列のお客さんの距離は、1メートルもない超至近距離。最前列のお客さんには、“それ以上”までハッキリ見えていたという。

「西野もさすがに慌てて、『(男性器まで)見えた?』と最前列のお客さんに聞くと、『見えた』との返事。司会をしていたロシアンモンキー・川口清行が『大丈夫やった? 何歳?』と尋ね、回答を聞くと『中学生やないかい!』と絶叫していました。その年の6月にも、同会場で同じライブが開催されていますが、その冒頭で西野は『前回のYOWAIDOはヒドかったな〜。オレ、忘れもしないよ! ちょうどこの子の目の前でケツ出してしまって、本当に申し訳なかったです。でも、お母さんがお心のおおらかな人でよかった。訴えられてもおかしくないですもんね』と笑いのネタにしていました」

 ライブでの下半身露出、しかもそれを女子中学生に見せるという行為は、法的な解釈としてどうなのか? 考えるまでもないだろう。

 過去のこととはいえ、そんな彼が、果たして“人に何かを教える者”として相応しいのかどうか、今後の判断材料の一つとするのはいかがだろうか?

最終更新:2018/11/06 09:50
12
こんな記事も読まれています

ホリエモンとの共著本が絶好調のキングコング・西野亮廣、女子中学生相手に「とんでも破廉恥ライブ」の過去!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...…
写真