日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 地面師事件でマスコミが忖度か

積水ハウス側が関与の疑惑も……メディアの”忖度”で報じられない「地面師事件」の真相

積水ハウス公式サイトより

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が東京都品川区の土地をめぐり、約55億円をだまし取られた事件。「地面師」という、どこか昭和臭の漂うなりわいが世間の耳目を集め、なりすまし役まで登場して相手をだますという劇場型事件の異様さも相まって、連日、メディアで大きく報じられた。

 警視庁は11月初めまでに地面師グループの11人を偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕し、事件の全容が徐々に明らかになってきている。

「グループの『黒幕』は、別の地面師事件で収監されている60代のUとみられています。彼を中心に計画され、フィリピンに逃亡したカミンスカス(旧姓・小山)操(みさお)容疑者ら“シャバ”にいる仲間が実行に移したというのが捜査サイドの見立てです」(全国紙社会部記者)

 ただ、どうにもすっきりしないのが、そもそもなぜ、積水ハウスほどの大企業がやすやすとだまされてしまったのか、という素朴な疑問だ。

「この詐欺話は複数の不動産業者にも持ち込まれ、その都度“あやしい”と契約を見送られている。なりすましの女性が本物かどうか、ちょっと調べればわかることなのに、基本的な身元調査すらした形跡がない。積水ハウス側にも落ち度がないとは言い切れない案件で、一時は、積水ハウスの関係者の事件への関与さえ疑われたほどです」(同)

 それでも、メディアからの積水ハウスに対する「突っ込み」は、驚くほど少ない。その背景に、2兆円超(2017年1月期)の売り上げを誇る巨大企業への“忖度”が働いている可能性があるという。

 ある民放の警視庁担当記者は、こう声を潜める。

「積水ハウスは、民放各社や新聞に大量の広告を出稿する大広告主。それだけに、今回の事件で大々的に積水ハウス側の失態を報じにくいという事情があるのです」

 実際、「家に~帰れば~せきす~いハウス~」のフレーズでおなじみのテレビCMを目にする機会は多い。大スポンサーへの配慮が働いてもおかしくはないが、今回の事件では、取材現場に強烈な圧力がかかった場面もあったという。

「事件に絡んで、積水ハウス内部では、会長が交代するクーデター騒動まで勃発しました。事件処理の対応をめぐる対立が原因といわれていますが、この件を取り上げようとしたある民放局の記者が、急きょ取材をストップさせられたというのです。ほとんどの新聞もこの騒動をスルーしており、同じような圧力が各社の取材記者にかかっていた可能性は否定できません」(同)

 今後、警察の捜査が進めば、思いがけない事件の真相が明らかになることも考えられる。その時、メディアは、すべてをつまびらかに報じることができるのか?

最終更新:2018/11/07 09:33

積水ハウス側が関与の疑惑も……メディアの”忖度”で報じられない「地面師事件」の真相のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真