日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福士蒼汰から川栄李奈へ爆死リレー

「死神」福士蒼汰から「疫病神」川栄李奈へ……出演作の“爆死リレー”は続く?

左:福士蒼汰、右:川栄李奈/各公式インスタグラムより

 福士蒼汰の主演映画がまたも大コケしたようだ。

 10月26日に公開初日を迎えた『旅猫リポート』がそれ。青年と飼い猫の旅を描いたロードムービーで、原作は『フリーター、家を買う。』(幻冬舎)、『図書館戦争』(KADOKAWA)シリーズで知られる有川浩氏の同名小説。有川氏が映画の脚本も務めたことが話題となっている。

「公開後の土日2日間の興行成績は動員8万2,000人、興収1億300万円で2位発進となりましたが、100スクリーンも少ない『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』に3倍以上の大差で水をあけられ大敗しています。福士といえば、人気イケメン俳優と言われる割に、まったく結果が出せていない。今年主演した映画『曇天に笑う』『BLEACH』とも壮絶な爆死を遂げており、ネット上では『BLEACH』での役どころにちなんで、『映画界の死神』と揶揄されています」(映画ライター)

 そして、「死神」福士に負けず劣らず、散々な結果なのが元AKB48の川栄李奈だ。彼女は脇役での出演が多いが、どんな大物俳優が主演しても作品が爆死することから「疫病神」と呼ばれ始めているという。

「今年は三代目J Soul Brothers・岩田剛典主演のドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)、吉岡里帆主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)、竹内涼真主演の映画『センセイ君主』に出演するも、関係者が予想もしないほど低調な数字となった。その彼女は11月16日公開の話題作『人魚の眠る家』に出演しています。主演の篠原涼子は今ごろ冷や汗をかいているかもしれませんね」(芸能ライター)

「死神」から「疫病神」に爆死リレーが続くのか、川栄が負の連鎖から抜け出せるか見物だ。

最終更新:2018/11/06 17:07
こんな記事も読まれています

「死神」福士蒼汰から「疫病神」川栄李奈へ……出演作の“爆死リレー”は続く?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真