日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ケモナレ』田中圭への罵倒が加速!

『獣になれない私たち』彼氏役・田中圭がクズすぎる!“深夜の密会報道”も重なり、罵倒の声が加速!

■クズ彼氏・田中圭、密会報道も相まって罵倒が加速!

 今週は晶よりも京谷への感想が多く上がっていたんですが、ほとんどが罵倒といったもの(苦笑)。特に冒頭の恒星を殴るシーンで、殴られた恒星が「なんでアンタが俺を殴れるの?」と京谷にいうセリフに「そうだ! そうだ!」と賛同する視聴者が続出。まあ、恒星の元カノ・呉羽(菊地凛子)と成り行きで寝たんですからね。罵倒されても仕方ないし、毎回「クズ彼氏」という声が上がっているんです。

 しかし、今話はいつも以上に酷かったんです……。なぜかというと、この放送の前に、田中と内田理央との密会報道のニュースが流れたから。そのため、「ドラマでもクズだけど、私生活もクズだったんだな」という声がネットに溢れ、「京谷の役は素の演技なのでは?」とまで言われ、罵倒の声しかきこえず(涙)。「あれ? この人、今年のNO.1の人気出た俳優なんですよね?」と世間に問いたくなるほどの荒れっぷり(笑)。

 ニュースのタイミングが悪すぎて、田中がちょっとかわいそうとも思いましたが、罵倒されるということは、逆に言うとクズ彼氏役にぴったりハマっているということ(すごくポジティブですが……)! ブレイクするまで長く、多くの脇役で鍛えられた田中だからこそできる役なのかもしれません。

■鼻歌演出が気持ち悪すぎ!

 それと今週、視聴者の反応が多かったシーンがもうひとつ。それは、晶がついに壊れたのか、仕事であんなに怒っていたのにもかかわらず、急に優しくなり、オマケにBGMで晶の鼻歌が延々と流れるといったシーン。

 言葉にするとそれほど怖くはないのですが、映像をみるとめちゃくちゃ怖い! 晶の表情が終始少しニヤッとした笑い顔のままで「はい」「わかりました」としか言葉を発さず。さらに、童謡の「幸せなら手を叩こう」を「ふふふふ~ん」と鼻で歌い、それが永遠リピートされるといった演出がまさにホラーなんです!

 ネットでも「この演出なに?」「怖い怖い怖い!」「晶壊れた!」と、怖がっている人がたくさんおり、「トラウマになるからやめて!」といった声も。

 確かに、「ちょっと、晶どうしたの?」と心配になるほどの演出で、「できればWOWOWのCMであってほしい!」と願いたくなるぐらい(苦笑)。演出家はなぜこんな演出をいれたんでしょうか? 週の中だから明るいドラマが見たいのに、どんどん暗くなっているような気が……。来週からはもっと明るい演出にして欲しいと願うばかりです。

 以上、5話のレビューでした。

 次回、またまた修羅場が訪れるような予告が流れており、まだまだ目が離せない同ドラマ。放送を期待して待ちましょう!

(どらまっ子KOROちゃん)

最終更新:2018/11/08 20:00
12
こんな記事も読まれています

『獣になれない私たち』彼氏役・田中圭がクズすぎる!“深夜の密会報道”も重なり、罵倒の声が加速!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真