日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『リーガルV』脚本が雑過ぎ

『リーガルV』米倉涼子のキャラの深みが少しだけ増すも、脚本が雑過ぎて本格法廷モノを目指すのは無理?

テレビ朝日系『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』 番組公式サイトより

 すでにシリーズ化が決定しているとのウワサもある米倉涼子・主演ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の第5話が15日に放送され、平均視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.1ポイントダウンとなってしまいました。

(前回までのレビューはこちらから)

 元弁護士の小鳥遊翔子(米倉)が、“行列のできる法律相談所”を目指し立ち上げた「京極法律事務所」ですが、依頼人が現れず暇を持て余し気味。そんな中、青島圭太(林遣都)は、以前から抱えている案件の再調査を進めます。

 その案件とは、大学生の武藤正洋(戸塚純貴)が、幼なじみで同級生の町村誠(瀬戸利樹)を崖の上で激しく殴打&刺傷を負わせた事件。青島は武藤の弁護を担当したのですが、町村の「武藤から暴行を受けた」という証言が決め手となり、一審で実刑判決を受けてしまいました。さらに、息子の無罪を主張した母・望(片岡礼子)は、ネット上に書き込まれる誹謗中傷に耐え切れなくなり自殺。青島はその無念を晴らすべく、控訴審へ向けて事件の真相を追い続けているのです。

 この案件に対して小鳥遊は当初、「金にならない」と興味を抱かなかったのですが、町村が年商10億円規模を誇るマッチングアプリ「トゥモロー」を運営するベンチャー企業の代表を務めていると知った途端、目の色を変えます。武藤の無罪を勝ち取り、町村から賠償金をふんだくる。その目的ができたため、青島の再調査に協力することに決めるのでした。

 そして、事務所のメンバーが総力を挙げて調査を進めた結果、「トゥモロー」は裏で半グレ集団と付き合いがあることが判明します。そのパイプ役を務める後輩の中西がハニートラップを仕向けたものの、町村はこれを回避。それならばと、中西が暴行に及び、再び暴力を振るわれるのを恐れた町村は、犯人を武藤に仕立てたというわけだったのです。

 青島がいくら説得に動いても、町村は証言を撤回する気配はありません。そんな中、事件現場のすぐ近くにあるラブホテルの受付嬢(YOU)が、ちょうど事件が起きた時刻に駅で武藤に会ったという証言を得ます。

 その受付嬢は、小鳥遊が持っていた、刑事ドラマ『現場百回』の希少なキーホルダーをもらう代わりに、法廷で武藤のアリバイ証言をすることを承諾。しかし検察から、“金品授与”を疑われるとあっさり認めてしまったため、再び振り出しに戻ってしまいます。


12
こんな記事も読まれています

『リーガルV』米倉涼子のキャラの深みが少しだけ増すも、脚本が雑過ぎて本格法廷モノを目指すのは無理?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真