日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > 「ニコ動」オワコン化が顕著に

炎上案件も起こらない……アングラ感が失われた結果か? 「ニコニコ動画」有料会員200万人割れの深刻度

「ニコニコ動画」より

 ニコニコ動画のオワコン化が止まらない。

 カドカワが11月8日発表した2018年4~9月期決算で、傘下のドワンゴが運営する「ニコニコ動画」の有料会員であるニコニコプレミアム会員が9月末で194万人と、6月末から6万人減り、200万人を割る状況になったことが明らかになった。

 ニコ動において、プレミアム会員は動画の優先視聴などヘビーユーザーには欠かせないサービス。その会員数は16年3月の256万人超えをピークに、以降は減少に転じている。ニコ動のプレミアム会員は月額540円と決して高くはない。また、公式コンテンツに関しても以前より充実しているように見える。にもかかわらず会員数が減少する一方というのは、どういうことか?

 ひとつの理由として挙げられるのは、有料動画配信サイトの増加だ。Netflixはプレミアム会員よりも高額だが、見逃した最新アニメは視聴できるし、話題の映画も早期に配信される。Amazonの場合、プライム会員になっていれば動画視聴以外にも特典となる部分が多い。

 だが、ニコ動衰退の理由として挙げられるのは、サービス内容よりもコンテンツの魅力の減少だ。

「やっぱり、以前のようなアングラ感がなくなってきたし。ニコ動発の事件も、もう聞かなくなったでしょう?」

 そう話すのは、かつてニコ動で配信者として活動していた人物。彼が楽しそうに語るのは、かつての「なんでもアリ」な時代のニコ動である。

「善悪の判断は別として、著作権無視でさまざまな動画がアップされたり、MAD動画も盛んに作られていた頃のニコ動は楽しかったでしょう? でも、今は運営がすぐに消してしまうようになりました。ぼくらが楽しんでいたのは、あのヤバいことを一緒にやっている感、つまり共犯者の気分だったんです」

 アップロードされる動画だけではない。かつてのニコ生には、とにかく目立ちたいからと犯罪行為をしてみたり、配信者同士の対立が話題になったりと、完全な無法地帯だった。それに比べると、優等生になった今の雰囲気は、まったく楽しくないのだという。

「“踊ってみた”が流行ってた時期。みんな、最も面白がっていたのは、親フラ(生配信中に親が近づいてくる気配のある状態、また親が見切れること)だったんじゃないんですか?」

 もはや、逮捕上等とまではいかなくとも、炎上上等な人は、より手軽なTwitterへと移行してしまった。ちゃんと面白さを軸に活動する人はYouTubeへ。今日もなにが起こるかわからない。そんなワクワク感がなくなったニコ動が衰退するのは当然か。
(文=是枝了以)

最終更新:2018/11/17 18:00

炎上案件も起こらない……アングラ感が失われた結果か? 「ニコニコ動画」有料会員200万人割れの深刻度のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真