日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『中学聖』岡田健史、ポスト・東出に!? 

『中学聖日記』岡田健史、ポスト・東出昌大に!? 高校生になっても棒演技変わらず、視聴者ガッカリ!

■るなが『花晴れ』のめぐりん化!?

 今回、一番多かったのが「るながウザい」という声です。これまで、聖と晶の関係をぶっ壊してきたるな。それだけに新章になってもその行動は終わらず……。晶が聖に会いに行ったことを母親の愛子(夏川結衣)にチクるし、聖の居場所を知っているけど晶には言わない、晶のあとを追いかけて待ち伏せするなど、もうストーカーというか……。

 ネットでもるなの行動に批判が集中。「るなの存在がウザい」「るなかわいくないのにでしゃばるな!」といった声が。それに、後者は役に関係なく、役者を罵倒しているとしか思えない……。

 この状況で思い出すのが、『花のち晴れ』(同)に出てくるめぐりんへの罵倒です。役だとわかっていても、演じている飯豊まりえに批判が集中し、放送終了してもいまだ嫌われているという事態に。

 もしかしたら、演じている小野にも同じことが起こる!? なんて思ってしまうのですが……。まあ、そうなったら、演技力があるということ。負けずにがんばって欲しいですね~。

■岡田健史、ポスト・東出昌大!?

 高校時代となり、老け顔中学生からやっと年相応の高校生役となった岡田くん。「ああこれで、安心してイケメン岡田くんを眺められる~」なんて思っていたんですが、やっぱりなんだか違和感が……。

 それで筆者が感じちゃったのが、“いくら年相応の役になっても、演技は変わらない”ということ。まあ、棒読みで演技も無表情すぎて見ていられないんですよね~。るなを抱きしめるシーンとか、無表情で急に抱きしめるから、なんだか痛々しく見えて悲しい……。ネットでも「顔は良いけど、棒演技がうけいれられない」「役与える前に演技の勉強させてやれよ!」「セリフなければ良いのに~」「顔は良いけど俳優としてはダメ」と演技力に懸念する声が毎回上がっている状態。

 そうそう、この状況、俳優デビューしたばかりの東出昌大に近い印象を受けたんですよね~。顔は良いけど演技は下手で一向に上達しない、という感じですよ。(正直、東出くんに関しては今でも演技は下手でなぜ仕事が続いているんだろうと疑問に思っています!)

 う~ん、まあ、初めてのドラマですからね。ヘタなのは仕方ないですが……。

 もう少し、演技の勉強をしないと、この先はないかと。東出くんみたいにスタッフに気に入られるなら仕事もあるかと思いますが……、なかなか難しいでしょうね。

■勝太郎と原口のラブラブシーンは必要なのか?

 聖と別れて3年経った勝太郎。今度はなんと上司の原口(吉田羊)と付き合い始めるんです。でも、そうなると、聖と付き合っていたときから原口といろいろとあっただけに、勝太郎はマジでクズ男のような気がする……。それに、原口もレズと思わせておきながらしっかりと若い男を捕まえているという……(まあ、吉田羊は実生活でもジャニーズの若い子と遊んでいるところ撮られてますからね。リアルといえばリアルなんですけどね~)。

 それに、もうこの2人とは主人公の聖は関係ないんですよ。なのに、2人の関係を延々と見せられるのは、正直“残酷”なんですよね(だって、聖は幸せになってないじゃないですか~それなのに、この2人は幸せにって……)。ネットでは「この2人のくだりはいる?」「ババアと浮気男のラブラブシーン見せられてもいい気分にはならないから!」とご立腹といった様子。

 確かに、勝太郎に飽きた原口が聖に勝太郎を押し付けるべく何か画策するとか、何かしらの展開があればいいんですが。何もなく、ただ2人の恋愛話を見せられても、ドラマのテーマとは無関係。いらないです、まじで。ただ、この2人の話がなくなると、町田くんの出番がなくなるだけに、視聴率はさらに下がるかも!? それを食い止めるためのシーンなのかもしれませんね~!

 以上、7話のレビューでした。

 次回は、晶と聖が会っていたことを知り、激怒した愛子が聖に前に現れて……といった波乱の展開を迎える様子。期待して放送を待ちましょう!

(どらまっ子KOROちゃん)

最終更新:2018/11/21 22:00
12

『中学聖日記』岡田健史、ポスト・東出昌大に!? 高校生になっても棒演技変わらず、視聴者ガッカリ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真