日刊サイゾー トップ > 芸能  > 堤下『ナカイの窓』で地上波復帰の裏

インパルス・堤下敦が中居正広『ナカイの窓』で地上波復帰! 背景は?

インパルス・堤下敦が中居正広『ナカイの窓』で地上波復帰! 背景は?の画像1
インパルス・堤下敦

 28日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、先ごろ芸能活動の再開を発表したインパルスの堤下敦が出演する。地上波のバラエティ番組として、復帰後初の“お茶の間”登場となる見込みだ。

 堤下は2017年6月に自損事故、さらに同年10月にも人身事故を起こし、芸能活動を休止していた。約1年間の休業期間を経て、18年10月より地元の「神奈川県住みます芸人」として芸能活動再開を発表。しばらくは地元での活動が中心になると見られていたが、全国区でのテレビ復帰には、どのような背景があるのだろうか。

「ひとつは中居正広が手を差し伸べたということでしょう。中居と堤下は同じ神奈川県出身であり、野球経験者と共通項が多い。中居は過去には、『週刊文春』(文藝春秋)で報じられた不倫騒動で全てのレギュラー番組を降板したベッキーを、自らの番組『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で復帰させてします。もともと同番組にベッキーが出演していた事実がありますが、実質3カ月強での復帰に『早すぎるのでは?』と批判が殺到しました。こうした批判は織り込み済みの上で、中居の意向が強く働いたのではないでしょうか」(業界関係者)

 もうひとつが、中居と親交のあるダウンタウン・松本人志との関わりだ。

「松本は堤下の復帰に関しては『嫌いだけど頑張ってほしい』といったコメントを『ワイドナショー』(フジテレビ系)で残しています。これは松本ならではのジョークというべきものでしょう。松本は過去に、同い年の後輩芸人・板尾創路が淫行事件を起こした時に、自ら吉本興業の上層部に働きかけて復帰に尽力した経緯もあります。やはり後輩を応援したい気持ちはあるでしょう。中居にも、なんらかの言葉を伝えていたのかもしれません」(同)

 復帰する堤下を応援する人間は多いだけに、今後、周囲の期待を裏切るようなことがあってはならないのは当然だ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/11/24 08:00

インパルス・堤下敦が中居正広『ナカイの窓』で地上波復帰! 背景は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真