日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > お持ち帰りした美女が吸血鬼に
テレビドラマの見すぎ?

お持ち帰りした美女が翌朝、”吸血鬼”に変身!? 「狼男を殺す」と男性をナイフで襲う

被告のエカテリーナ・ティルスカヤ。美しい花にはトゲがあるというが、ナイフは勘弁だ。

 あの北の国で、またもや“おそロシア”な事件が起こっていた。

 ロシア東側に広がる広大なシベリアの中心的都市ノヴォシビルスクで、傷害事件の裁判が行われた。事件の内容は、 被告のエカテリーナ・ティルスカヤ(22)が、SNS上で知り合った男性をナイフで刺したというものだった。

 被害男性の証言によると、今年2月、男性はSNSで出会ったエカテリーナを自宅へと誘い、そのまま一夜を共にした。そこまではよかったのだが、翌朝になってエカテリーナが豹変。自分は吸血鬼で、エレナ・ギルバートのように狼男を殺さなくてはならないのだと言ったという。

 エレナ・ギルバートとは、昨年までアメリカで放映されてい たホラードラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』に出てくる主人公の女子高生の名前で、このドラマには吸血鬼や狼男、魔女などが登場する。

 もちろん男性は吸血鬼の迷信など信じておらず、エカテリーナに対して早く家に帰るよう促した。ところがエカテリーナは、部屋のキッチンにあったナイフを手に取り、男性がシャワーから出てきたところをいきなり襲ったのだという。

 男性はなんとかナイフを奪い返したものの、エカテリーナは別のナイフを取り出して切りかかり、男性の胸を刺した。男性はなんとか家から逃げ出し、隣家のドアを叩いて助けを求めた。男性は救急車で運ばれ、重傷だったが、命に別状はなかったという。

 裁判に先立ち、エカテリーナに対して行われた精神鑑定では異常なしという診断が下され、懲役2年6カ月、および被害男性への3,900ポンド (約57万円)の賠償金支払いの判決となった。

 ロシアで美女とベッドを共にする際には、十字架やニンニクをお忘れなく?

最終更新:2018/11/29 14:00
関連キーワード

お持ち帰りした美女が翌朝、”吸血鬼”に変身!? 「狼男を殺す」と男性をナイフで襲うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真