日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『まんぷく』倦怠期で視聴率急降下

『まんぷく』、完全な“倦怠期”で視聴率急降下!「いつインスタントラーメン作るの?」

NHK連続ドラマ小説『まんぷく』番組公式サイトより
  スタートから、好調に推移していたNHK連続ドラマ小説『まんぷく』の視聴率が、ここにきて、一気に急降下してきた。

 同作は初回(10月1日)23.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好発進。その後も、20~22%台で推移。週平均視聴率は第1週(同1日~6日)から第7週(11月12日~17日)まで21%超えを果たしていた。

 ところが、異変が起きたのは第8週(同19日~24日)から。この週は、第48話(同24日)で19.7%と初の大台割れを記録し、週平均は20.7%で自己ワースト。

 週が明けて、第49話(同26日)も19.8%で、2話連続で20%台に乗せられなかった。第50話(同27日)は21.8%と回復したが、今後も大台割れを記録する回が出てきそうな雰囲気も漂ってきた。

「従来の朝ドラは、若手のヒロインを抜擢し、相手役にも若手俳優を起用し、序盤は子役による演技から始まるのが定番でした。しかし『まんぷく』は、すでに実績のある演技派の安藤サクラと長谷川博己のコンビで、子役による演技はなく、期待感が高かったのです。しかも、庶民になじみ深いインスタントラーメンの生みの親である安藤百福と、妻・仁子(まさこ)をモデルにしたドラマとあって、初回から好調な視聴率をはじき出してきました。ところが、戦争が終わったと思ったら、塩作り。第8週からは栄養食品『ダネイホン』の研究開発が始まり、完全な倦怠期。視聴者としては、『いったい、いつインスタントラーメンを作るの?』という気になってしまうでしょうね。『ダネイホン』の開発が一段落するまで、視聴率は低迷しそうな気がします」(テレビ誌関係者)

 とはいえ、朝ドラは半年の長丁場で、『まんぷく』はまだ4カ月も残っている。ここで一気にインスタントラーメンを作ったのでは、ネタ切れになりそう。しばらくは、視聴者も「ダネイホン」の研究開発で我慢するしかなさそうだ。

(文=田中七男)

最終更新:2018/11/30 12:00
こんな記事も読まれています

『まんぷく』、完全な“倦怠期”で視聴率急降下!「いつインスタントラーメン作るの?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真