日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみ“激ヤセ”が話題!

『FNS歌謡祭』出演の浜崎あゆみ、“激ヤセ”ぶりに視聴者驚愕! 肝心の歌はファン内外から批判が……

浜崎あゆみ公式Instagramより

 歌手の浜崎あゆみが12月5日に放送された『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演。宇多田ヒカルのヒット曲「Movin’ on without you」のカバーを披露した。

 この日、ボディコンシャスでセクシーなミニワンピースで登場した浜崎。クラブのようなのようなネオンの中、激しいダンスとともにトランス調にアレンジされた「Movin’ on without you」を熱唱した。

 事前収録ではあるが、久しぶりにテレビに映る浜崎にファンは熱狂した様子。浜崎のSNSには「カッコかわいすぎ」「いつもより弾けててよかった!」といった激賞コメントが殺到したが、その一方で、ネットの反応はいろいろと手厳しかったようだ。

「毎回のようにテレビ出演すると容姿が話題となる浜崎さん。今回も例にもれず、なんと『痩せた!』といった声ばかり。『あゆが本気出したよ!』『すごいじゃん、見直した』との意見が続々と上がっており、好評価となったよう。前回の『FNS うたの夏まつり』では、容姿劣化と激太りした姿がSNSに投稿する画像と違うと話題になっていただけに、今回は浜崎さんも本気を出してきたのかもしれませんね(笑)」(週刊誌ライター)

 アンチの中には「昔のかわいかった頃のあゆに戻り始めた!」といった声もあり、好意的に受け止められているようだ。

 では、歌唱力の方はどうなのか? 宇多田のカバーを披露すると発表されたときはファン内外から批判の声が上がっていたのだが、

「声は出ていましたが、収録のため、もしかしたら“後から修正している”ということもありえる。正直、本当に歌えているのかはわかりません。ただ放送中、ネットでは『微妙』との声ばかり。理由はダサいトランスMIXにしていたこと、『OH! OH!』といった浜崎さんオリジナルの掛け声が入っていたんですが、これがダサかった。さらに、ダンサーも若い男子ばかりで、『若い男好きのあゆ仕様じゃん』との揶揄や『ティミーさんがいなくてガッカリ』といった声も。一部ファンからも『期待していたものとは違う』との声も上がっていました。また、宇多田さんのファンもやはり原曲とまったく違うものにされてしまい、困惑といった感じでしたね」(同)

 容姿批判には反抗できたが、肝心の音楽では、まだまだ問題は山積みのようだ。

最終更新:2018/12/07 09:27
こんな記事も読まれています

『FNS歌謡祭』出演の浜崎あゆみ、“激ヤセ”ぶりに視聴者驚愕! 肝心の歌はファン内外から批判が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真