日刊サイゾー トップ > 芸能  > 中村倫也“トーク上手”が邪魔!?

中村倫也、後輩俳優の人望も厚く “ポスト・高橋一生”は確実! 唯一の問題は「クセありすぎ」のトーク!?

中村倫也公式Twitterより

 12月5日、『Yahoo!検索大賞2018』にて「俳優部門賞」を受賞した俳優の中村倫也。中村といえば、今年上半期のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で大ブレイク。そのほかにも『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)、『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)と多くのドラマに出演し、大活躍の1年だった。

 そんな中村が『おしゃれイズム』(日本テレビ系、11月25日放送分)に出演した際のトークがネットで話題になってる。中村は女性の好みについて「シャイな人が好きですね。よそに見せない顔を僕に見せてくれるとキュンとします」と返答。さらに、自身の恋愛エピソードについては、中学2年生のときにスキー合宿へ行った際、あるクラスメイトのお風呂後の濡れ髪を見た瞬間に恋に落ちて告白、交際に至ったことを明かした。

 中村はその時のことについて「それを見た瞬間にもうバーンっとなって! 初めて、おかん以外の女性の……」や、もともとその子がかわいい子だったことに触れ「そこにウェッティが乗ってきたんで、鬼に金棒なわけですよ」などと表現するなど、かなり独特な言い回しや表現を多用。さらに、彼女からOKをもらった理由に「向こうも僕の濡れ髪を見ていた可能性も」と言ってMC陣を笑わせるなど、かなり頭の回転が速く、トーク上手な印象を残していたのだった。

 この中村のトーク内容に対し、ネットでは「トーク面白いじゃん」「不思議な魅力あるわ〜」「演技もトークも上手!」「この人独特だよね。かっこいいけど」と賞賛の声が上がる一方、「なんかややこしそうな性格してそう」「売れない時期が長すぎたから、結構性格がこじれてるよね(笑)」と、クセのある人物だと受け取った人も多かったようだ。

「芸能界では“ポスト高橋一生”の最右翼といわれています」と語るのは某テレビ局勤務のA氏。

「身長170cm、顔立ちも塩系と、そんなに派手なタイプではありませんが、“カメレオン俳優”といわれるだけあり、とにかく演技がうまい。そういったところも、高橋さんを彷彿とさせますよね。所属事務所はアラフォー女性をターゲットにしているようで、それは9月発売の『an an』(マガジンハウス)で中村さんと麻生久美子さんが2ショットで表紙に出ていたことからも推測できます。

 一方の高橋はアラフォーを中心に大人気だったが、今年2月に女優の森川葵との熱愛報道があってからは人気が急降下している状態だ。

「中村さんは腰が低く人懐っこい性格で、共演者や現場スタッフからの評判は上々。また、同事務所の後輩・菅田将暉さんに“尊敬する先輩”と公言されるほどの人格者でもあります。しゃべりもいけますし、もしかしたら来年は高橋さんを抜いてしまう人気を博すかも」(同)

 “ポスト高橋一生”以上の出世を果たすかも!? 中村の今後に要注目だ。

最終更新:2019/03/01 18:42
こんな記事も読まれています

中村倫也、後輩俳優の人望も厚く “ポスト・高橋一生”は確実! 唯一の問題は「クセありすぎ」のトーク!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真