日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 川端康成の童貞力に唖然

あゝ女と舞踏がしたい。童貞にまつわる作品を集めたアンソロジー『吾輩は童貞(まだ)である』

吾輩は童貞(まだ)である』(キノブックス)

 いきなり私事と下ネタで恐縮であるが、筆者の後輩にSくんという好い童貞がいる。24歳になるSくんは、女性に対して頑なで、やたらと理想が高く、車寅次郎のように惚れっぽい。好きな女性に捧げたいと悶え苦しみ、空回りしているさまは、実に滑稽で、バカバカしく、愛おしい。その姿に、かつての自分を見るからだろう。彼を風俗に連れていくというのが筆者の夢であるのだが、その夢はいまだ果たされていない。

 自身の童貞が長かったためか、童貞や童貞作品に強く魅かれてしまう。『吾輩は童貞(まだ)である』(キノブックス)は、童貞にまつわる小説・エッセイ・短歌・名言などを集めた童貞作品アンソロジーだ。収録された作家は、森鴎外、武者小路実篤、室生犀星、川端康成、三島由紀夫と、国語の教科書のような豪華なラインナップ。存命の作家では、筒井康隆、谷川俊太郎、小谷野敦、みうらじゅんなどが名を連ね、バラエティ豊かで読みごたえのある一冊となっている。

 童貞ものとなると、重厚な文体で描かれた文豪の作品も実にバカバカしい。

「己は知らざる人であったのが、今日知る人になったのである」――森鴎外『青年(抄)』

「あゝ 女と舞踏(たんちぇん)がしたい」――武者小路実篤『お目出たき人(抄)』

「自分たちのお父さんやお母さんがそんなことしているわけがない」――中島らも『性の地動説』

「俺は生涯女はただ一人だ」――小谷野敦『童貞放浪記』

「俺に童貞を捨てさせろ!」――中谷孝雄『学生騒動(梶井基次郎)』

「かく言う私も、童貞を失ったのがすこぶるおそく、これが人生の一大痛恨事になっている」――三島由紀夫「童貞は一刻も早く捨てろ」

「ああ! 月夜! お前にこの感情を上げよう!」―― 川端康成『月』

 武者小路実篤の「あゝ 女と舞踏(たんちぇん)がしたい」も切実でほほえましいが、川端康成の「ああ月夜!」も、ロマンティックな調子がより一層マヌケで、失笑を禁じ得ない。『月』は童貞の空想を優美な文体で描いた掌編だが、こんなにバカバカしいセリフを堂々と描けるところにノーベル賞作家のすごさを感じる。川端康成の童貞力に唖然とする一作だ。

 諸作家の童貞譚にクスクス笑っていたところ、巻末のバカリズムの言葉が突き刺さった。

「お前が童貞を捨てても、童貞はお前を捨てたとは思ってないからな」――バカリズムのオールナイトニッポンGOLD 『エロリズム論』

 童貞ものを読んで、妙に懐かしい気持ちに誘われるのは、まだ童貞に捨てられていないからなのか。童貞の諸氏、童貞に捨てられていない諸氏にぜひ読んでほしい一冊だ。自身の中の童貞を確かめ、熱い気持ちのまま、童貞の後輩と風俗に行きたいと思う。

(文=平野遼)

【収録作品(掲載順、敬称略)】

筒井康隆『現代語裏辞典』、平山夢明『どんな女のオッパイでも、好きな時に好きなだけ自由に揉む方法』、中島らも『性の地動説』、原田宗典『夜を走るエッチ約一名』、武者小路実篤『お目出たき人(抄)』、谷川俊太郎『なんでもおまんこ』、森鴎外『青年(抄)』、小谷野敦『童貞放浪記』、室生犀星『童貞』、中谷孝雄『学生騒動(梶井基次郎)』、結城昌治『童貞』、開高健 『耳の物語(抄)』、車谷長吉『贋世捨人(抄)』、穂村弘『運命の分岐点』、しんくわ 寺井龍哉(ともに短歌)、みうらじゅん『東京アパートメントブルース』、横尾忠則『コブナ少年(抄)』、澁澤龍彦『体験嫌い』、三島由紀夫『童貞は一刻も早く捨てろ』、川端康成『月』、バカリズムのオールナイトニッポンGOLD 『エロリズム論』

最終更新:2018/12/07 21:00
こんな記事も読まれています

あゝ女と舞踏がしたい。童貞にまつわる作品を集めたアンソロジー『吾輩は童貞(まだ)である』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...…
写真