日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『明石家サンタ』“芸能人枠”本命は

今年も『明石家サンタ』の季節がやってきた! “芸能人枠”本命は

『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』公式HPより

 12月に入り、街はクリスマスムード一色となりつつある。今年もあっという間だったと思いを馳せる人も多いだろう。特に2018年は大きな芸能ニュースが相次いだ。

 そこで気になるのがクリスマス・イブの深夜に生放送される恒例番組『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)だ。この番組は、視聴者から不幸なエピソードを募集し、本番でさんまと八木亜希子アナウンサーが投稿者本人に直接電話でその話を聞くというもの。内容が面白ければ「合格」ということで各スポンサー提供の商品がもらえる。特に、「名乗っただけで即合格」となる芸能人からの電話は、番組の恒例シーンのひとつとなっているが、今年はいったい誰が候補者となり得るのだろうか?

「まず挙げられるのは、高橋由美子でしょう。今年の初めにバラエティ番組で“酒乱ぶっちゃけキャラ”としてプチレブークを果たしていた矢先、『週刊文春』(文藝春秋)に妻子ある男性とのラブホテル不倫が報じられ、表舞台から消えてしまいました。フジテレビ関係では、同局の秋元優里アナも、1月に番組プロデューサーとの“竹林不倫”が『文春』に報じられており、4月には同僚の生田竜聖アナとの離婚が報じられています。この2人は名乗っただけで即合格なのは間違いないでしょう」(芸能ライター)

 さらに、あの元国民的アイドルグループメンバーの登場にも期待がかかる。

「元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎からなる『新しい地図』メンバーですね。昨年は事務所を退所した直後でしたが、今年は精力的に活動を始めていますから、『明石家サンタ』に登場してもおかしくはありません。一方で、バラエティ番組に積極的に出演した木村拓哉のほか、おなじみの中居正広の登場にも期待ですね。特にさんまさんは元SMAPメンバー全員と親交がありますから、誰かが電話をかけてくる可能性は無きにしもあらずです」(同)

 今年の『明石家サンタ』の芸能人枠には、例年以上に期待が集まりそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/12/10 12:00
こんな記事も読まれています

今年も『明石家サンタ』の季節がやってきた! “芸能人枠”本命はのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真