日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 鞘師里保ミュージカル女優で再出発?

元モーニング娘。鞘師里保が所属事務所と契約終了! ミュージカル女優として再出発か

『鞘師里保大全集』(ワニブックス)

 12月7日、元モーニング娘。の鞘師里保が所属事務所であるアップフロントプロモーションとの契約を終了したことがハロー!プロジェクトの公式サイトで発表され、話題を呼んでいる。

 公式サイトでは「モーニング娘。卒業後も彼女のチャレンジを見守ってきましたが、さらに新しい目標に向かって突き進むために、いったん区切りをつけて一歩を踏み出したい、という強い意志を受け、今回の結論に至りました」と説明。また鞘師のコメントも掲載されており、そこには「モーニング娘。卒業後もニューヨークを中心に留学し、語学やダンスなどを勉強してきました。そして今、私はもっともっといろんな事を吸収したい。そう思います」「もっと新しい私になってみなさんと再会するために前に進みます。まだまだ歌いたい!踊りたい!演じたい!そんな夢いっぱいの私をどうか温かく見守ってください」とある。現時点では芸能界を引退せず、他の事務所への移籍もない状態だという。

 鞘師といえば、モーニング娘。サウンドプロデューサーのつんく♂が2018年6月17日の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)でのインタビューにて「歌だけとかキャラクターだけという意味では他にもっと突き抜けた存在もいますが、ダンスという武器を持って歌もうまい、声質もいいというのは鞘師が最高到達点でした。彼女の存在があって新たなるジャンルへの参入もできました」とべた褒めするほどの逸材。モーニング娘。を卒業してからも復活を望むファンの声は多く、芸能界でも松岡茉優をはじめ、熱烈な信奉者を多く持つ存在。鞘師は留学後、またアップフロントプロモーションからソロアーティストとしてデビューすると思っていたファンも多かったようで、ネットでは鞘師の今後を心配する声が溢れかえっている状態だ。

「元℃-uteで現在はソロアーティストとして活躍する鈴木愛理のようになると思っていたらまさかの契約終了ですからね。今は逸材である鞘師をどこの事務所が獲得するのかが業界の話題ですよ」と語るのは音楽事務所関係者。

「同じ古巣を円満退社して大手事務所に入った先輩といえば、元モーニング娘。で今は女優として活躍する久住小春さんや、ミュージカル女優として大成したソニンさんなどがいます。先輩2人と比べて、鞘師さんの芸能人としての業績や演者としての才能は引けをとらないどころか凌駕しているといっても過言ではないですからね」(同)

 また、関係者の中には、鞘師が留学したニューヨークでブロードウェイへの憧れを確固たるものにしたのでは、と推測する声もある。

「ミュージカルの世界では、ニューヨークのブロードウェイ周辺の有名な劇場での公演に出演するのが最高峰と言われています。業界では鞘師さんがそこを目指すのではという声や、国内ミュージカルの最高峰である劇団四季のオーディションを受けるのではという声も出ています」(芸能事務所関係者)

 鞘師がどのような形で世間の前に再び姿を現すのか、楽しみに待ちたいところだ。

最終更新:2018/12/11 13:00

元モーニング娘。鞘師里保が所属事務所と契約終了! ミュージカル女優として再出発かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

安倍首相はコロナ制御できるのか

今週の注目記事・新型コロナウイルス肺炎関連の...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真