日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉澤ひとみ、再び飲酒運転逮捕の危険

吉澤ひとみに執行猶予5年……免許取り消しでも「飲酒運転」逮捕の危険アリ!?

『8teen』(ワニブックス)

 免許取り消し処分となっても、まだまだ安心はできなさそうだ。

 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪に問われた元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告の判決公判が11月30日に東京地裁で開かれ、懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)の有罪判決が言い渡された。

「飲酒運転、信号無視、ひき逃げという前代未聞の事件を起こした吉澤ですが、29日の初公判には20席の傍聴券を求めて1,000人を超える長い行列ができるほどでした。世間が驚いたのは、吉澤の“アルコール中毒”ぶり。夫によれば、キッチンドランカーだったようで、検察側から事件後の飲酒量について問われた吉澤は、『急激に減っています』と回答。車に乗らないことは誓ったものの事故の原因となったアルコールは完全に断てていないようです」(芸能記者)

 マスコミの目もあるため、5年間は自宅でのひきこもり生活を余儀なくされそうな吉澤。世間からは「逆に酒量が増えるのでは」と、危惧する声も聞かれる。

 そんな中、あるジャーナリストは吉澤が再び「飲酒運転」で逮捕される可能性があると指摘する。いったいどういうことか。

「今年9月に、自転車を泥酔状態で乗り回していた女が道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で福岡県警に逮捕されたのです。パトロール中の警官が蛇行している自転車を発見。停止を命じて女に職務質問したところ、会話ができないほど酒に酔っていたため、アルコール検知を実施したところ、高濃度のアルコール分が検出されました。自転車は軽車両にあたり、飲酒運転を行った場合には道交法での摘発対象となります。福岡県警によると、自転車の酒酔い運転での逮捕は統計開始の2008年以降2件目とのこと。警察庁によると去年、自転車の飲酒運転による事故は189件起きていて、このうち32件が死亡事故だといいます。吉澤はこの5年間は車の代わりに自転車に乗る機会が増えそうですし、酒断ちできない状況が続けば、飲酒した状態で乗り、事故を起こしてしまう可能性は十分ありそうな気がしますね」

 吉澤は、アルコール依存を克服できるだろうか。

最終更新:2018/12/03 16:00

吉澤ひとみに執行猶予5年……免許取り消しでも「飲酒運転」逮捕の危険アリ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真