日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西内まりや、“大迷走”止まらず!

西内まりやの“大迷走”が止まらない! 「高級ブランド漬け」写真連続公開も仕事ナシ

西内まりや 公式インスタグラム(@Mariya Nishiuchi)より

 西内まりやのインスタグラムが話題だ。

 伊・ファッションブランド、VERSACE(ヴェルサーチェ)銀座店の3周年記念パーティーに出席し、黒のミニワンピースから大胆に露出した美脚しかり、CHANEL(シャネル)のジュエリーを身に着けて場ッチリ決めたメイクしかり。高級な洋服に身を包み、髪形もメイクも完璧で、外撮りまでしてファッションフォトのような画像を毎日のように投稿している。これが女性にウケているわけだが……。

「西内のビジュアルがいいなんて、先刻ご承知じゃないですか。そんな優れた素材だったにもかかわらず、歌手活動にこだわり、所属事務所との関係を破綻させたのは彼女自身。いくらインスタに画像を投稿しようが、現状は仕事に結びついていないわけですから、半ば引退したも同然です。一昨年にコカイン吸引疑惑で突如引退した成宮寛貴氏も海外から自身のインスタに画像を投稿して、現役時代のファンを喜ばせていますが、それだけ。仕事をしている気配はありません」(芸能記者)

 となると、彼らは生活の糧をどこから得ているのか?

「特定のパトロンやスポンサーがいないとも限らないですが、基本的には2人とも蓄えを取り崩しながら細々と暮らしているのが、実際のところでしょう。特に西内の場合、まだ若いので成宮氏に比べて預貯金も少ないはずだし、投稿画像で身に着けている高級ブランドの洋服やアクセリーは有料レンタルとのウワサもありますから、経済的に相当な負担のはず」(同)

 それでも、キラキラした日常をうかがわせる画像を毎日のように投稿するのには、何か目的があるのだろう。

「ひとつは、インスタ経由で仕事が欲しいのでしょう。しかし、インスタには西内よりもギャラが安く、影響力も大きいインフルエンサーが数多くいますからね。彼女の出る幕なんてありません。もうひとつは、世間に忘れられないためでしょう。もっと言うなら、落ちぶれたところを見せたくないという、芸能人特有の見栄もあると思います。西内が所属事務所と決裂した直接のキッカケは、社長を平手打ちしたこと。あそこの社長は芸能界の大物ですからね。正式に詫びを入れて関係を修復しない限り、どんなにインスタでアピールしようとも、芸能界復帰は無理」(同)

 現状のままでは、インスタで上っ面だけのリア充を自慢する素人と、なんら変わりはない。このまま“インスタ芸人”で終わるのだろうか。

最終更新:2018/12/13 06:00

西内まりやの“大迷走”が止まらない! 「高級ブランド漬け」写真連続公開も仕事ナシのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真