日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉住と紺野ぶるまにお笑い関係者注目

『THE W』では負けたけど期待大! お笑い関係者が注目する「吉住」と「紺野ぶるま」

左:吉住、右:紺野ぶるま/各事務所公式サイトより

 12月10日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)では、おなじみの歌ネタを封印してコントで挑んだ阿佐ヶ谷姉妹が優勝、賞金1,000万円を獲得した。

「“おばさんキャラ”を最大限に生かしたオーソドックスなコントでありながらも、随所に特異なセンスや発想力を垣間見せる素晴らしい出来だったと思います」(放送作家)

 今回の『THE W』は、一般公募で選ばれた401人の審査員が面白かった組に1票ずつ投票するという方法で審査された。

「阿佐ヶ谷姉妹のネタは、万人受けする要素が多くて、シンプルに会場での笑いも多かった。ある意味、“一般審査”に向いたネタだったという側面もあるでしょう」(同)

 その一方で、今回の決勝戦では結果は出せなかったが、関係者の間で注目度が高まったのが「吉住」と「紺野ぶるま」の2人のピン芸人だという。あるお笑い関係者は、吉住についてこう話す。

「吉住の“ライバル政党に所属する政治家同士の恋愛”という設定は、少々伝わりづらい部分もありましたが、構成力は高く、オリジナリティーもある。エキセントリックな“キャラモノ”に走ることも多いピン芸人の中で、しっかりストーリーと演技力で見せられる吉住は貴重な存在です。バカリズムが脚本家としても評価されているように、芸人以外の分野での活躍も期待できるのではないでしょうか」

 一方、紺野ぶるまは、地元で美人だともてはやされ、調子に乗って芸能界入りしたものの、鳴かず飛ばずだった女性の自虐ネタを披露。その中で「AKBにいそうってもはや悪口」「(ギャンブル系の仕事は)“墓場”って呼んでるから」などと、毒舌を連発した。そんな紺野について、テレビ局関係者はこう言う。

「毒舌の切れ味もあって、相当面白かったと思います。でも、見ていてヒヤヒヤした視聴者も多かっただろうから、一般審査ということを考えると、ちょっと難しかったのかもしれません。ただ、紺野の芸風や人となりがしっかり浸透していれば、こういう毒舌でも十分に支持されるようになると思うんですよね。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)的な番組で、自虐を交えた上で毒を吐いたら、ほかの芸人からもちゃんとツッコミを入れてもらえるだろうし、ヒヤヒヤ感はまったくなくなるはず。バラエティー番組でうまく使えば、かなり人気者になりそうな気もします」

 女性芸人の頂点に立った阿佐ヶ谷姉妹はもちろんだが、健闘したほかの出場者たちの今後にも注目だ。

最終更新:2018/12/13 10:00

『THE W』では負けたけど期待大! お笑い関係者が注目する「吉住」と「紺野ぶるま」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真