日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水ミチコ、『M-1』騒動をイジる

『THE W』でとろサーモン・久保田の暴言騒動に言及!? ゲスト枠の清水ミチコが「優勝」だと話題

清水ミチコ ソニーミュージックオフィシャルサイトより

 12月10日放送の『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)に、清水ミチコがゲストで出演。『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の騒動をイジるなど、やりたい放題で視聴者から称賛の声が上がっている。

 阿佐ヶ谷姉妹のネタが終わった場面で、感想を求められた清水は「おばさんネタが面白いなって思ったんですけど」とコメント。その後「今ふと感じたんですけど、私“右端にいるおばさん”なんですよね。今話題の……」といきなり話題を転換させた。これには司会のチュートリアル・徳井義実も、「やめてくださいよ!」「それ以上言わないでください。うちの事務所ピリピリしております」と動揺。すぐにゲストの滝沢カレンへと話を振っている。

 先日行われた『M-1』では、上沼恵美子が審査員を務め“右端”の席に座っていた。しかし、大会後にとろサーモン・久保田かずのぶが、スーパーマラドーナ・武智のインスタライブで上沼を批判。武智から「更年期障害」という言葉も飛び出し大炎上していたが、このことにあえて触れた清水には絶賛の声が寄せられているという。

「『M-1』の騒動はかなりデリケートな問題のようで、今田耕司が『Yahoo! 検索大賞2018』の発表会で触れようとした時は、関係者から制止される場面もありました。そんな中で清水はあえて言及し、笑いに変えていたため、視聴者からは『気まずい感じになっちゃったけど、これはいいイジリ方』『やっぱ清水ミチコ面白いなぁ』『今これが言えるの清水ミチコくらいでしょ』といった声が。ちなみに『女性自身』(光文社)の取材に上沼は『私思うんです。お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること』と語っており、事態は収束に向かっているようです」(芸能ライター)

 その他『THE W』では、副音声の松本人志と絡む場面もあったのだが、この時のやり取りも視聴者の間で「面白い」と話題になっている。

「松本は中継で『みっちゃん(清水ミチコ)髪バッサバサやで』とイジったのですが、これに清水は『副音声のクセに! 黙ってろ!』とキツめの言葉で“プロレス”を展開。その後、松本は『みっちゃんだって出たらいいのに』と大会出場を勧め、清水は『年齢制限ナシなんですか? じゃあ考えておきます』と返していました。切れ味の鋭いやりとりに、SNSなどでは『もう清水ミチコが優勝でいいよ』『本当に来年出てほしい』といった声が。清水の『THE W』出場が待望されています」(同)

 ベテランならではの自由な発言で注目を集めた清水。『THE W』への参戦は実現できるのだろうか?

最終更新:2018/12/11 16:30
こんな記事も読まれています

『THE W』でとろサーモン・久保田の暴言騒動に言及!? ゲスト枠の清水ミチコが「優勝」だと話題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真