日刊サイゾー トップ > その他 > PR情報  > Xmasに絶品ワニ料理3品!
男のダジャレレシピ 番外編

皮まで美味! 絶品「ワニの手」を食い尽くす、今年はワニークリスマス!

料理の数だけダジャレがある――。ダジャレをこよなく愛する男が考案する、笑えるおいしいレシピ。番外編です。

TOCANA編集部より冷凍の宅配便が届いた。

これはお歳暮なのか、ちょっと早いクリスマスプレゼントだろうか。

この時期だと正月用のカニかなと包みを開けると、一文字違った。

カニじゃない、ワニだ。

さすがTOCANA……。

なんでもタイで養殖されたワニの手の1キロパックだそうで、これには3本入っていた。どうやらこれのレビューをしてねということか。


【絶品】【送料込み】希少部位ワニの手 – 約1Kg -TOCANAレシピ付【ワニ肉でクリスマス】

ワニの肉は低脂肪かつ高タンパクで、コラーゲンも豊富なヘルシー食材らしい。私がワニを食べた記憶はないけれど、元ヤクルトスワローズでホームラン王のパリッシュがよく食べていたという記憶が蘇った。

ということで、ワニを調理するのは初めてなのだが、とりあえず築地のマグロ屋さんから習った、氷水に浸けるという冷凍マグロの解凍方法を試してみる。真空パックなので、そのままドボンでいいだろう。

冷凍マグロのブロックなら塩水に浸けるけど、真空パックなので真水でいいかな。

解凍したワニの手の匂いをおそるおそる嗅いでみたが、そんなにワニ臭いという感じではない。それでもより美味しく食べるためには、しっかりと下処理をした方がいいだろう。

まずは水でサッと洗い、全体に塩を多めに振って、厚手のキッチンペーパーにしっかりと包んで、冷蔵庫で一晩寝かせて余計な水分を抜く。簡易的な干物みたいなもので、タイなどの白身魚はこれをやると美味しくなる。

せっかくのワニ、美味しく食べたい。

それにしてもワニってどこまでが可食部分なのだろう。

肉はもちろん食べるとして、問題はこの皮だ。財布とかにされるくらいだから、やっぱり食べられないのかな。でも実際に触っていると、そこまで固くなく、けっこうプニプニしているんだよね。意外と食えちゃうのかな。

柔かいタイルみたいなワニの皮。

さてこのワニの手をどうやって食べようか。この形だとパリッシュがフロリダでよく食べたと聞くステーキという訳にはいかないので、やっぱりオーソドックスに唐揚げがいいかな。

食べてみて臭みがあったらイヤだなと思いつつ、素材の味を楽しみたい気もするので、あえて香辛料などは使わずに、下味は最初に振った塩だけでいってみよう。

片栗粉を全体にまぶし、手首側にだけ衣をつける。

中華鍋に入れる油をケチったら半分しか浸からなかったので、油を掬ってかけながら160度でじっくりと揚げる。ジュー。
アリゲーターをアゲーターというわけだ。

途中でひっくり返しながら、じっくりと揚げる。

揚げたワニの上に揚げたタマネギをトッピング。オニオンフライというかワニオンフライだ。

さらにクレソンを敷いて、元巨人のピッチャーだったガリクソンならぬワニクレソン。……ちょっと無理があるかな。

個人的にはグロテスクとかゲテモノというよりは、素直に美味しそうという思いの方が強い一皿ができあがった。

ほら、美味しそうでしょう。

鶏肉のようだと評判のワニだが、なるほど癖がなくて鶏っぽい。筋肉質でしっかりとした歯ごたえがあり、コラーゲンたっぷりの地鶏のようだ。そこにマグロのような筋肉の大きい魚の要素が加わっている。

ワニの唐揚げ、想像よりもずっとうまい。下手なフライドチキンなら全然勝っているね。

ワニ、美味しいじゃないですか。

そして問題の皮だが、摘まんでみるとゴムのような弾力があり、食べられそうな気がしてくる。もしやばかったらすぐに吐き出せばいいかと噛んでみると、これがクニュクニュとグミキャンディのようでうまいのだ。なんだか原始的な鶏の皮みたいである。

ワニの皮が食べられるという事実に、頭の中がワニワニパニック。意外と癖もなく、沖縄料理のミミガー(豚の耳)とかが好きな人なら、まったく抵抗なく食べられると思う。ワニのベルトやバッグはあくまで加工した「革」であり、「皮」であれば食べられるようだ。

ワニの皮って食べられるのか。

この肉や皮の感じ、前に似たようなものを食べたなと記憶を探ってみると、高級食材であるスッポンがそっくりなことに気が付いた。どちらも水中に住む爬虫類なので、味が似ていても不思議はないか。

想像以上に美味しいし、食べごたえもしっかりあった。


123
こんな記事も読まれています
関連キーワード

皮まで美味! 絶品「ワニの手」を食い尽くす、今年はワニークリスマス!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

 さあ、いよいよ兄弟揃い踏みだ!――総合格闘界の大注目株、朝倉未来(みくる・26歳)...
写真