日刊サイゾー トップ > 芸能  > こじるりは何をしても「あざとい」

小島瑠璃子「男性ウケゼロは承知」ド派手ネイル公開も、「いちいち言うな」と女性からブーイングの嵐

小島瑠璃子公式Instagramより

 タレントの小島瑠璃子が12月17日、自身のInstagramを更新。「人生で1番ハデ」な仕上がりになったというネイルを公開した。

「命名:人生謳歌ネイル」とつづるだけあって、パールやキラキラしたストーンなどがたくさんあしらわれており、確かに派手なデザインだ。小島は、女性ファンへ気分転換になると勧めるものの、「男性の皆さま、男性ウケしないことは重々承知しております。でもやりたいの 苦情は受け付けません」とした。

 これに対し、リプライ欄には女性ファンから「カワイイ」「たまにはこんなネイルもイイね!」といったコメントが。また、男性ファンからは「男性ウケはわからないけど、俺ウケはしてる!」「派手なデザインも好きだよ」と意外なコメントが集まり、好評だった模様。しかし、ネットでは、小島へ批判が続々と上がっていたという。

「デザインについては、”好きにやれば”といった様子だったのですが、『男性ウケしないことは重々承知しております』というメッセージに『あざとい』といった指摘が続々。『わざと「男性ウケ狙ってません」ってアピールするところがあざとい』『そういうところが嫌いなんだよ』と一喝されてましたね(苦笑)」(芸能記者)

 小島といえば、女性ウケが悪いことで有名。しかし、最近は女性層を取り込もうと必死な姿を見せている。

「女性ウケがよくないことを本人も気にしているようで、最近は女性ウケになるような発言が目立っています。しかし、先日は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で『彼氏がいたのは1年半前』と発言し、1年前に報道された関ジャニ∞村上信五との疑惑を払拭しようとしましたが、女性層からウソつき呼ばわりされ、あえなく失敗。さらに、「金持ち男性には興味ない」という優等生発言も、ネットでは『あざとい』と言われ、こちらも撃沈。すでに多くの女性層から嫌われてしまっているだけに、人気回復は難しいようですね」(同)

 こじるりが“女性側の代弁者”となる日は、まだまだ先のようだ。

最終更新:2018/12/19 09:39
こんな記事も読まれています

小島瑠璃子「男性ウケゼロは承知」ド派手ネイル公開も、「いちいち言うな」と女性からブーイングの嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真