日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女性芸能人「似合わな眉選手権」

押切もえだけじゃない! 女性芸能人「似合わな眉選手権」

押切もえインスタグラムより

 第一子出産後、久々にテレビ出演したモデル・押切もえの太眉が「不自然すぎる」と話題になっている。

 16日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に出演した押切は、夫でプロ野球選手の涌井秀章投手とのなれ初めなどを明かし、番組を大いに盛り上げたのだが、視聴者の目 は押切の眉毛にくぎ付け。ネット上では「似合ってない」「イモトと比べてもあまり驚かない」「この眉毛は正解なのか!?」といった辛らつな意見が続出した。

「CanCam」「AneCan」(小学館)時代は細めの眉毛が多かった印象の押切だが、インスタでは以前から太眉メイクが多く、出産後はさらに濃くなっているようにも見受けられる。

 一方、世間的にはここ数年の太眉ブームも少し落ち着き、最近は細めの眉が復権しつつある。かつてのファッションリーダーも育児に追われ、すっかりトレンドを見逃してしまったのだろうか?

 そんな押切のほかにも「その眉毛、似合ってない」と思われている芸能人は多い。

「マギーさんのアーチ形ナチュラル太眉は不評ですね。外国人がよくやっているタイプの眉ですが、ハーフで顔が整っているとはいえ、違和感を覚える人が多いよう。一方、復権の兆しを見せる細眉なのにいまいち不人気なのが、壇蜜さんや安藤美姫さん、土屋アンナさん。なんだか古くさい印象だったり、ヤンキーっぽく見えてしまうようですね。また、浅田真央さんの太眉には『誰かなんとかしてあげて!』『整えたら絶対かわいくなるのに』といった声が多いです」

 最近では、“太眉タレント”を名乗る井上咲楽もいるが、クレヨンしんちゃんのような眉に不快感を示す人もおり、太眉こそ正義、という時代は今や過去。顔の印象を大きく左右する眉毛だからこそ、慎重に取り扱いたいものだ。

最終更新:2018/12/21 21:00
こんな記事も読まれています

押切もえだけじゃない! 女性芸能人「似合わな眉選手権」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真