日刊サイゾー トップ > 芸能  > ゆずの“情報戦略PR”に賛否

ゆず「重要なお知らせ」で話題作りも賛否! デビュー当時から“情報戦略プロモーション”に注力

「今後の活動について重要なお知らせがあります」と意味深な告知をした末に、弾き語りでのドームツアー開催を告知し、“炎上”騒ぎとなった人気デュオ「ゆず」。活動休止や解散を発表するかのような前振りからの“良いお知らせ”だったことで安心したファンも多いが、無駄に心配させたことから、“悪趣味だ”という声も少なくない。

「ミスリードを狙っている今回の一連の動きは、完全に話題作りですしょうね。売り出し中のバンドなんかがやるならわかるんですが、ゆずのような大物がやることではないですよね」(音楽ライター)

 ゆずといえば、結成当初に横浜・伊勢佐木町にあった横浜松坂屋前でストリートライブを定期的に開催、そこから人気に火がついたグループだとされている。

「路上ライブをやっていたのは間違いないんですが、本当に人気者になったのは、メジャーデビューした後に、ニッポン放送で『ゆずのオールナイトニッポンR』 のレギュラーを持つようになってから。毎週日曜夜に開催していた路上ライブにファンが集まりすぎて危険だからといって定期開催を終了したのは、ヒット曲の『夏色』をリリースした後。あたかも『路上からブレイクした』みたいに言われているのは、ちょっと違和感があります。普通にメジャーデビューしてから、売れたユニットですからね」(同)

 そういう意味では、「路上からブレイクした」というのは、イメージ戦略であり、プロモーションの妙だったといえるのかもしれない。

「今回の『重要なお知らせ』もそうですが、なんだかんだでいろいろな仕掛けが好きなグループなんだと思います。あるいは、情報戦略がうまいというか。音楽業界の中でずっと言われているのは、『ゆずは、特に革新的な音楽をやっているわけではない』ということ。にもかかわらず、ずっと人気を保ち続けているというのは、それだけプロモーションが上手だということなのでしょうね。今回は少々炎上騒ぎになりましたが、それも想定内なんだと思います。運営サイドは『しめしめ』と思っているでしょうね」(同)

 ゆずほどの人気グループであれば、わざわざ炎上まがいのプロモーションをしなくてもいいはず。しかし、それでも積極的に波風を立ててくる貪欲さが、人気の秘密なのかもしれない。

最終更新:2018/12/23 14:00
こんな記事も読まれています

ゆず「重要なお知らせ」で話題作りも賛否! デビュー当時から“情報戦略プロモーション”に注力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真