日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 北朝鮮国営メディアがお色気路線に!?

お堅い北朝鮮国営メディアが”お色気路線”に!? JDのおっぱいが……!

昭和っぽいバンド編成だ

 お堅いイメージのある北朝鮮・国営メディアが異例の“お宝カット”を放送し、海外のウォッチャーから熱視線が送られている。

 くだんの番組は、クリスマス前に放送された音楽番組『金元均名称音楽総合大学 平壌第2音楽学院学生たちの発表会』。朝鮮全道から集まった音楽の道を志す学生たちが演奏を繰り広げる番組で、学生たちの楽器には金正恩党委員長が贈ったことを示す赤いプレートが埋め込まれている。まさに、エリート集団といえよう

元帥様の下賜を示すプレート(赤丸部分)

 ネット経由で熱心に朝鮮中央テレビを視聴しているという日本人のマニアは「固定カメラの映像に加え、別撮りしたと思われる、演奏者のアップ映像も差し込まれていた。その映像が異例のお宝カットだったんです」と、興奮気味に振り返る。

手元より谷間が気になる!

「女子大生たちはエレキギターのチョッパー(スラップ)とか、圧倒的なテクニックを見せつけていました。カメラはそんな彼女たちの手元をナメるようにアップで撮っていたんですが、その際、ブラウス越しに彼女たちの豊満なバストがバッチリと映ったんです」(同)

 北朝鮮のPRサイトにアップされた同番組を確認してみると、確かに女子大生たちの豊満な胸が目立つ。エレキギターのボディが胸の谷間に食い込んでいたり、ブラウスのボタンがはち切れそうになってたりと、健康的ながらもセクシー要素が満載だ。

「女子大生たちは制服姿で、なぜか夏服なんです。半袖の子までいた。北朝鮮は寒く、屋内でも暖房がない施設が多い。テレビ局側があえて薄着を狙ったのではないか?」(同)

 関係者によると、金委員長の意向を反映してか、朝鮮中央テレビの番組は近代化が著しく、ドローンを使ったカットや韓国の情報番組のような比較的明るい内容の番組が増えているという。

 こうした変化を読み違え、欧米メディアは先日、看板アナウンサーの李春姫アナ(75)が「引退した」と報じたが、12月下旬に放送された故・金正日総書記の追悼コンサートでは李アナがステージ上に登場し、引退説をぶっ飛ばした。

 新年も朝鮮中央テレビでは歌謡公演が予定されているといい、お宝映像が流れるか、一部のお茶の間では目が離せないことになりそうだ。

最終更新:2018/12/28 21:00
こんな記事も読まれています

お堅い北朝鮮国営メディアが”お色気路線”に!? JDのおっぱいが……!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...…
写真