日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『年下王子』小越勇輝が三角関係に

若手俳優・小越勇輝が嫉妬をあらわに!? 『私の年下王子さま』で見せた素顔――三角関係はどう動く?

『私の年下王子さま』公式インスタグラム(@toshishita_ouji_official)より

 AbemaTVで配信中の恋愛リアリティー番組『私の年下王子さま Winter Lovers』。12月15日配信の7話から、2.5次元舞台で活躍してきた元“プリンス”、俳優・小越勇輝(24)が参戦し、若手俳優ファン、舞台ファンに大きな衝撃が走った。

“おごたん”ことゆうきは、オトナ女子の王子様になれるのか――!? 彼の恋の行方を見守りつつ、22日に配信された8話をレビュー!

(前回までのレビューはこちらから)

 

■クール系男子・よね VS リアル王子様・ゆうき

 男子メンバーが最低1人は強制リタイアとなる御殿場旅行にやってきた9人の参加者たち。2部屋に分かれてそれぞれ番組執事からの指令もクリアし(7話参照)、その夜のバーベキューでは、最年長のサバサバ女子・とっきー(32)のムチャぶりで、最年少のたくみ(19)が特技のボイパを披露したりして大盛り上がり。

 そんな中、気になるオトナ女子を誘いだそうと、前回“匂いを嗅がれなかった”そう(23)とよね(22)が積極的にアピールを開始。「気になる女子が1人に定まったら赤い糸を好きな形に渡してください」という指令のもと、そうは何かと“ピュアな年下”にこだわるまあや(27)にハートマークと矢印をかたどった糸を、よね(22)はとっきーに「love」の文字をかたどった糸をそれぞれ手渡した。

 よねととっきーといえば、6話で告った側(よね)とフった側(とっきー)の間柄。よねは最初の2ショットトークで、新メンバーとして再びこの番組に参加を決めたせりな(29)を選んでいたのだが、フられたときの反省を生かし、もっと周りを見てみようと新メンバーの中でも第一印象の良かった彼女を選んだんだとか。

「彼氏にするなら頼れる人であってほしい」というとっきーの言葉から、少しずつ変わろうとし始めたよねに対し、第一印象でゆうきを選んだとっきーは、

「ゆうきくんて、この短い時間の間にすごいいろいろ率先してやってくれたり、本当に人として素敵な人だなって思った」
「よねにもっとしっかりしてほしいなって思ってたのが、そのままそっくりできる人なの」
「性格とか話が合うのかもしれへんなって正直思ってて」

 と、正直に今の気持ちを話す。微妙にすれ違ってしまった2人、まったくなんていうタイミングだろう。

「(自分の気持ちを)変えようとしても変えられなかったのかわかんないんだけど……」

 そうして「Love」の文字をとっきーに手渡したよね。彼女の気持ちはゆうきから動いたのかどうか……。

■ゆうき、ヤキモチを妬く

 翌日。強制リタイア投票の時間が刻々と近づいてくる。投票できる人数は1人1票。4人の女子メンバーは5人の男子メンバーから1人を選び、必ず1人以上の王子がリタイアすることとなる。

 投票までの残された時間、とっきーとゆうきは水族館へ。お互い美術が好きな2人は、水槽の中の金魚をイイ感じに写真に収めたりして楽しんだ後、クラゲを見ながらお話しタイム。

 昨夜、よねがとっきーを呼び出したことに、

「何話してたのかなっていうのも気になるし、妬いてた自分はいたかもしれない。なんか、心がモヤモヤしてんな、自分って思った」

 と、ちょっとだけスネたような表情を浮かべながら話すゆうき。ほかの女子メンバーには一切興味がない様子で、「気づいたら、とっきーを追ってる。何してんのかな~とか、今笑ってるな~とか」とポツリ。

 番組MCの木下優樹菜とゲストの青山テルマもスタジオで見守りながら「えぇ〜!」と歓喜の声を上げる。

 そうしてゆうきがとっきーに手渡したのは、何層にも重なった立体的なハート。しかも自立式。

「ハートが大きく、強くなっていくために、もっといろんなことを知りたいなとも思ったし、しっかりしてる面だけじゃない無邪気さとか、年上なのにそこ弱いんだみたいなとこも見てみたいな、知りたいなって思って」
「そういうのをどんどん知っていったらハートが重なって、どんどん大きくなっていって……」

 そんなゆうきに、「しゃべりがうまいよね〜」(テルマ様)「うまい」(ユッキーナ)と、時折何目線なのかわからない親友コンビは大絶賛。特にユッキーナは、「こんなの好きになっちゃうもん!」と、感情移入しまくりだ。確かに、台本でもあるんじゃないかと疑いたくなるくらい、まとまりすぎてる告白だったし、その表情や雰囲気から、真剣さが伝わってくる。

「伝えないとわからんし、よねのほうが一緒にいる時間長いわけだし。思ってることは今伝えようと思いました」

 と、最後までかっこよく想いを伝え切ったゆうき。俳優としての彼は、何でもそつなくこなすイメージがあるのだが、やっぱりこれは演技なのだろうか……?

■モテモテのゆうき

 その後、まさかの展開が訪れる。

 よね、とっきー、ゆうきの3角関係に、せりなが割って入ってきた。第一印象ではよねとともにゆうきの名前も挙げていたせりなは、とっきーとの2ショットタイムを終えたばかりのゆうきを呼び出した。

 ぎこちない感のある2人の会話。苦虫を噛み潰したようなゆうきの表情がなんとも言えない……。せりなに赤い糸を誰かに渡したのか聞かれ、申し訳なさそうにしつつ、

「でも、(せりなのことを)知ってみたいなっていうのは思ったかな」

 とフォローを入れるが、とっきーの時と比べ、やはり距離があるのがまるわかり。ところどころゆうきの表情が強張っていたのがすごくリアルだった。それも含めると、やっぱりとっきーへの気持ちはガチなんだろう。このシーンを見て、ファンの人たちがどう思ったかはわからないが、少なくとも、先ほどとっきーに向けた優しい表情は演技ではなく、素の顔だったんじゃないか……とは思う。

 ちなみにほかのメンバーはというと、まあやは最年少のとっしー(19)、グラドルの天然系女子・りん(28)は同じく最年少のたくみを指名。

 強制リタイアを前に、またしてもよねとそうはオトナ女子に選ばれなかった……。


12
こんな記事も読まれています

若手俳優・小越勇輝が嫉妬をあらわに!? 『私の年下王子さま』で見せた素顔――三角関係はどう動く?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

 キングオブコントで決勝に進出すること2回。片や俳優としても活躍し、片や脚本や監督業...
写真